ユリイカ

2月 21st, 2010 § 0 comments § permalink

SFだといわれると、SFなのかも知れない。真理にいかほどの価値があるのかという話。

「わたしの死後、この作品がもっぱら詩としてのみ評価されんことを切望」していたことからも、そもそもポオは真理というものを放棄していたことがうかがえる。真理を諦めたのではなく、真理を捨てた。

ポオは直観を、「帰納と演繹に由来しつつもその過程がわれわれの意識に上らないため、表現力を越えたところにある確信」と定義する。ここですでに、捨てている。

神が最初につくったのは、「およそ考えられうるかぎりの単純さの状態にある物質」である。考えられうるかぎりというから考えてみるのだが、それが何をどう意味するのかはさっぱりわからない。世界はいかにも複雑にみえる。単純という概念そのものがすでに神々しい。それは真理よりも神にふさわしい。

私に技術があったら、この作品を映画化したいと思う。とくに太陽系生成の下りはドラマチックではないか。

遠すぎるリアリズム

2月 4th, 2010 § 0 comments § permalink

ある日の午後、操縦係のジプシーとうれしそうに手を振る数人の村の子供たちを乗せて、空飛ぶ魔法の絨毯が工房の窓をかすめた。

というようなことがしれっと書いてあって何ら違和感のないあたりが、リアリティだと思うのです。ホセ・アルカディオ・ブエンディアはそちらの方を見向きもしないで、こういいます。

「せいぜい楽しませておけ。わしらは、あんなみっともないベッドカバーよりもっと科学的なやり方で、やつらよりうまく飛んでみせるから」

ここでホセ・アルカディオ・ブエンディアが論点としているのは「科学ー非科学」の対立ではありません。「かっこいいーかっこわるい」という価値観の問題なのです。ホセ・アルカディオ・ブエンディアにとって、科学はかっこいいがゆえに正当なのです。でも子供たちにはそんなの関係ない。空飛べりゃ何でもいいんです。魔術が飛んで科学が飛べないのであれば、科学に用はないのです。

そうです。マジックリアリズムのヒントがここにあります。科学は無用なのです。代替物としての魔術もおそらく必須条件ではない。死なないアウレリャノ・ブエンディア大佐も、飛んでった小町娘のレメディオスも魔術じゃない。じゃあ何か、ってそれがわかればノーベル賞なのでしょう。

Where am I?

You are currently viewing the archives for 2月, 2010 at saba-books.