六波羅蜜寺

9月 20th, 2009 § 0 comments § permalink

店主のたいへん強い希望により本日は東山区の六波羅蜜寺を訪れました。重要文化財の空也上人立像があります。口から何か出てる人です。

その口から何か出てる人が店主の目的だったのですが、入っていきなり頭から何か生えてる人に出迎えられました。

頭から何か生えている

頭から何か生えている

その傍らにはまたこんなありがたいものが。

回転する石

回転する石

念じながら石を三回転させると願いがかなうとのこと。念じながら三回転させましたが、手を離した瞬間に逆回転がはじまりました。大凶。

さて、本命の口から何か出ている空也上人は、宝物館にいらっしゃいます。重要文化財で撮影禁止のため、残念ながら画像はありません。参考までに公式HPにリンクしておきます(→六波羅蜜寺空也上人立像)。

が。しかし。画像はあまり意味がない。現物に生で接して初めて分かる空也上人の微妙な面立ちがあります。向かって右下から見上げれば、苦しいような困ったような何とも切ないお顔なのですが、左下に回り込んでみると、当惑のなかにもどこか得意げな、自慢たらしいような表情が窺えるのです。これは実際に確認してほしい。口から何か出る、非常に面倒くさい、恥ずかしい、でも少しだけ誇らしい。空也上人の裏腹な気持ちを汲み取ってほしい。目も潤んでいます。恋する乙女のようです。

帰りは四条の弥次喜多で涼しいものをいただきました。

あんみつと宇治金時

あんみつと宇治金時

Where am I?

You are currently viewing the archives for 9月, 2009 at saba-books.