とまどい

2月 14th, 2009 § 0 comments § permalink

店主から支給されました。

色とりどり

色とりどり

これは…もしや…

» Read the rest of this entry «

東京日記

2月 1st, 2009 § 0 comments § permalink

東京日記といっときながら全然日記ではない。「日常の中に突如ひらける怪異な世界」ではなく怪異な世界そのものだ。

私は二、三日前からそんな事になるのではないかと思っていたが、到頭富士山が噴火して…

こういうことをしれっと書いて、奇を衒うところのないのが迫力だと思う。世界そのものなのだと思う。

逆に、平凡だと油断して膝を抜かれるのが「柳撿挍の小閑」。箏を教える盲人の心情など機微に疎い私の埒外と安心しきっていたら、俄然と想像を展開される。73ページの最終行で。無理だこれはオレには引き受けられない。引き受けられないが実際問題として多分すでに引き受けている。こういう気持ち、10年前にはわからなかったなぁ。5年前でもあやしいだろう。そういった種類の、経験じゃなくて経年なのだ、意気地がなくて御免なさい。

Where am I?

You are currently viewing the archives for 2月, 2009 at saba-books.