安倍長期政権樹立のために

9月 8th, 2007 § 0 comments § permalink

これはひどい。

ひと言に尽きてしまいそうになりますが、こらえて感想書きます。日本という「先進国」の、官邸という「政治の中枢」で、これはないわ。愛国者や右翼の人は読まないでください。読むのならフィクションだと思ってください。安倍支持者の方には読んでいただきたい。やっぱり安倍さんのせいじゃないんだ、ってことがわかります。私はハハハハと湿った笑いを漏れ流しながら読みました。本当におもしろいです。フィクションとしてなら。よその国の出来事なら。まぁ苦情はたれるが権利は享受、国家にフリーライドする無責任な日本人なら存分に楽しめるでしょう。えぇえぇ私のことです。

さきほども書きましたが、安倍氏は実はそんなに悪くないです。ただただ思想がなくて判断力がなくて気が小さいだけ。功名心だけは人一倍ありますが、政治家なら誰でもそうでしょう? 問題は彼の周囲にあります。すなわち安倍さんチームの面々です。その惨状たるや筆舌に尽くしがたい。ちょっとこれはありえない。安倍さんあまりにもかわいそう。

安倍氏の至上命題は「長期政権」なのだそうです。とにかく長くやりたい。だから何があっても辞める気はないのだと。

では、そのためにできること。小泉政権をお手本に。

側近。井上秘書官がひどすぎます。この人がここにいる理由が見つかりません。前政権が長期に渡ったのは飯島秘書官のおかげです。真紀子にクビを言い渡したのも飯島秘書官なんです。なりふりかまわず、飯島氏を呼び戻しましょう。小心ゆえに出来ないことは、飯島氏に全部やってもらいましょう。

敵。絞りましょう。なんでもかんでもケンカ売ればいいってもんじゃないです。小泉氏ですら相手にしたのは郵政官僚だけです。総務省内でも郵政だけなんです。霞が関全体を敵に回すのはあまりに無謀です。官僚はうまく使いましょう。ってのはさんざん尻拭いしてもらってるから分かってるか。使い方が下手なだけで。

ルサンチマン。秘書官と仮想敵を上手に選べばもう安心ですが、政治的な思想のない安倍氏が自己実現の欲求だけで長期間首相を続けるのは難しいと思います。ルサンチマンを抱きましょう。マスコミなんかどうでしょう。朝日ムカツクブッツブス、とかね。ナベツネ風情がうぜえんだよ。とかね。訴訟とか世故いことやってないで、首相権限をフル活用して完膚なきまでに叩きのめしましょう。ただ、マスコミにもちゃんと味方がいることだけは覚えていてほしい。産経とか産経とか産経とか。

能力的には安倍氏も小泉氏も大差ありません。違うのは上の三点くらいです。パフォーマンスの気持ち悪さはどっこいどっこいですしね。出れば出るほど不人気になるのであれば、テレビなんて出なきゃいいんですよ。

以下、完全に余談です。官邸崩壊のA級戦犯三人について。

世耕弘成元広報担当補佐官。郵政選挙の成功は結局のところ、元々人気のあった商品が妥当に売れたに過ぎない、ということなのでしょうか。成功体験をつづった自画自賛本を2冊出版しておられるそうですが、3冊目は今回の失敗から学んだことを書かれれば、今後の自民広報戦略に大いに資するでしょう。帯の売り文句は「とても『美しい国』なんていえませんでした(笑)」でひとつ。

塩崎恭久元官房長官。政界再編の暁にはリベラルの旗手としてご活躍願いたいです。あと、期待したいのは小池百合子氏対策ですね。権力に媚びる小池氏の出るとこ出るとこ首突っ込んで、「あなたのカウンターパートは、私だ」で、日本の国益を死守してほしいです。

井上義行元首席秘書官(ん?いまもだっけ?)。安倍晋三ファンクラブ会長としてアイドル安倍ちゃんを影から支えてほしいです。安倍ちゃんがいい人で、思いやりがあって、そしてすごくいい人であることをとにかくアピール。見えないところでアピール。間違っても表に出てきちゃダメ。なんで来賓の席に座ってるんだ。

実際のところ次が麻生氏ってのは、よっぽど枯渇してるってことでしょうね自民党は。二大政党やるんなら民主も含めて政界再編した方がいいんじゃなかろうか。自民の支持基盤なんて小泉氏が手を突っ込むまでもなく、とっくに壊れてるって話ですしね。

Where am I?

You are currently viewing the archives for 9月, 2007 at saba-books.