あえて掲載する「親米」記事

4月 21st, 2007 § 0 comments § permalink

店主の横から盗み読みしているフォーサイト5月号なんですけど、ちょっと目を疑う記事が載っていました。「訪米する安倍首相が心しておくべき三つの難題」です。新潮社のサイトに冒頭部分が紹介されているのでリンクします。冒頭部分だけですが、これで十分でしょう。

要するに、アメリカさんのご機嫌をしっかり取れよアベ、って内容です。これをね、アメリカ人が書いてるんですよ。アメリカ人が日本の首相に対して、訪米するにあたっての心構えを説いているんですよ。さらに、それを、日本の保守系情報誌が「自分の頭で考えるための材料」(参考)として掲載しているわけです。フォーサイト編集部は。

あまつさえ記事は言うのです。「安倍首相には任務を成功させる十分な資質もある」と。その「任務」ってのは、ブッシュとの「首脳」会談だって言うんですよ。ブッシュって誰やねん、って話ですよ。

考えましたよ、足りない頭で。一体何なんだろうこれは。この記事の意図するところは。で、結論に達しましたよ。フォーサイト編集部は、現行スタイルの親米路線がいかに国辱的であるかを、あえて国辱的な記事を掲載することにより示そうとしているのです。恥ずかしいでしょ?だったら立ち上がりなさいよ、と。やはり重武装独立しかないのですか先生。

まさか「捏造」ってことはないよね。マイケルって人は実在するんだよね。

Where am I?

You are currently viewing the archives for 4月, 2007 at saba-books.