人間が描けてない

1月 2nd, 2007 § 0 comments § permalink

正直なところ前二作(偽書、基礎論)は憶えてない。憶えているのはアンチミステリということ。それだけで読みました。そして感想を書きました。ネタバレです。本書『ウロボロスの純正音律』(以下『純正音律』)を読んだ方にはご納得いただけると思いますが、以下の感想文においては『純正音律』以外の作品(竹本健治の作品ではないです)についてもネタバレしてますので、『純正音律』読んでないけどもうどうせ読むこともないだろうし、ネタバレしても構わないよ、とお考えの方はご注意下さい。思わぬネタバレがあります。『純正音律』お読みになった方は、それ以上のネタバレはありませんのでご安心を。

» Read the rest of this entry «

Where am I?

You are currently viewing the archives for 1月, 2007 at saba-books.