基本中の基本

1月 28th, 2006 § 0 comments § permalink

この種のミステリにおける基本書なのでしょうか。読み終えて驚いたのは、似たようなものをいくつも知っているということです。私が知る限りは本書がいちばん古く、30年以上も前に書かれています。

坂井正夫という推理作家が都内のアパートで服毒死します。現場の状況から警察は自殺と断定、納得いかない探偵役が独自に調査する、という筋書きです。坂井正夫は冒頭で退場しますが、彼をめぐる人間模様が事件解明の鍵となります。自殺なのか、はたまた他殺なのか。私は見事にはずしました。私はその二択すらも、当てることができなかったのです。作者の術中に嵌まったということです。

» Read the rest of this entry «

生物から見た世界

1月 23rd, 2006 § 0 comments § permalink

正しいのか間違っているのかは知らないが、この比喩には実感としての覚えがある。

…われわれのまわりの自然に生息するあらゆる動物は、それぞれのまわりに、閉じたシャボン玉のようなものをもっていると想像していいだろう。そのシャボン玉は彼らの視空間を遮断し、主体の目に映るものすべてがそのなかに閉じこめられている。

シャボン玉に映りこんでいる世界こそが、われわれの世界である。モナドのようなものを呼び出したくなっても我慢しよう。

正しいのか間違っているのかは知らないが、われわれの瞬間は1/18秒である。つまり1秒間に18回の瞬間がある。名人でも16回なのだからたいしたものだ。

一秒に一八回以上皮膚をつつくと、一様な圧迫として感じることもわかった。

これはどうやって実験したのだろう。名人でも16回なのに。

完全犯罪は難しい

1月 20th, 2006 § 0 comments § permalink

「このミス2006」の第2位。1位の東野圭吾はこのミスだけじゃなくて文春もだしあまつさえ直木賞であまりにガチガチなのでスルーします。読んでませんがたぶん「おもしろかった」ぐらいしか感想書けないのでしょうし、何ていうかふつうに好きです。ふつうに好きというのは宮部みゆきとか京極夏彦みたいに、みんなが好きだし自分も好き、という意味です。

さて、本書。このミス2位にもかかわらず、アマゾンレビューでは不評です。しかしこのクリックを躊躇わせる不安にこそ、期待せずにはいられない。

タイトルからも推測されるように密室ものです。密室ものですが、密室トリック自体はたいしたものではありません。どちらかというと犯人VS探偵の対決、いわゆる刑事コロンボです。コロンボと違うのは探偵役がおっちゃんではなくて20代の女性で、なおかつ犯人と旧知の仲という点でしょう。このあたりは若干ではありますがオチにも影響してきます。コロンボでは必ずコロンボが勝ちますが、これはどうでしょうか。あと、映像的。というかテレビドラマ的。そしてネタバレ注意。

» Read the rest of this entry «

成熟社会を生きる

1月 8th, 2006 § 0 comments § permalink

「家造り」のところを読んでいれば、アネハをくらうことはなかったんじゃないかと思うのです。想像で暴言を吐きますが、偽装が巧妙だったからではなく、家というものにたいする無関心があったからではないかと。家がほしいのなら、家に関心があるはずなのです。それがまず初めに「家を持たねばならない」ということがあるから、無関心なのに同時に冷静さを欠くという奇妙な事態に陥ります。結果、見えるはずのものが見えなくなる。

新憲法草案の前文で中曽根氏の書いた案がまったく通らず、氏が激怒した、と。昨年11月の自民党党大会での話です。その案を読んでみたのですが、愛国者の私は倒れそうになりましたよ。こんなもの採用されなくて当然でしょう。「美しい島々」「国を愛する国民の努力によって日本を守る」「和を以て尊しとなす」云々云々。国民をなめているのでしょうか。日本が「美しい島々」なんてことは、あえて憲法に書かれるまでもなく周知の事実です。なぜそんなことをわざわざ盛る必要があるのでしょう。

勘違いしてはならないのは、憲法は国民ではなく、国家を律するためにあるということです。国家というのは日本国そのもののことではなく、権力機構としての国家のことです。そして私は間抜けなことに、中学で公民、高校で倫理政経の授業を受けたにも関わらず、それを知りませんでした。もしそれを知らないままだったら、中曽根氏の前文を賞賛することができたのでしょう。

本書は中高生向けの教科書という体裁で編まれていますが、その目的は「よのなかのルール」を教えることではなく、「よのなかのルール」を知り、その中で生きていくにはどうすればいいかを考えよ、議論せよ、と説くことにあるように思えます。ゆとり教育はそれ自体に誤りがあったのではなく、ゆとりを振る方向が違ってた、ってことかな。ゆとりがダメだったから詰め込み再び、ってのも芸のない話で。すみません。素人は黙ります。

Where am I?

You are currently viewing the archives for 1月, 2006 at saba-books.