Posts Tagged ファーブル

完訳 ファーブル昆虫記 (一)

Posted in 自然科学 | No Comments »

昆虫観察以外の事柄もけっこう記述されています。著者の給与状況だとか勤め(理科教師)の実際だとか人(虫ではなく)生観だとか。
友人たちとの山登りでデザートに生の玉葱(塩をかけて供するらしい)を用意したり、脇道にそれた分もそうとうに面白いのですが、やはりメインは虫。
そしてファーブルのスタンスはなんといっても

p.135   昆虫を一匹捕える。それを長い留針で串刺しにし、キルク底の箱に刺す。その肢の下にラテン名を書いた札を貼る。この虫については万事それで済んでしまったのだ。昆虫誌をこんなふうに理解するやり方は、私には満足出来ない。某種は触角にいくつの関節があるとか、翅にいくつ脈があるとか、胸や胴の部域に何本毛が生えているとか、いくら私に話しても無駄だ。私には生活の仕方、本能、習性を知るまでは、その虫を本当に知ったとは思えないのだ。

これです。

標本づくりにはとんと関心が向かず、しかしゲンゴロウの行動を眺めているのは無闇と楽しく、足の指がふやけるまで貯水池につかって惚けていた幼少期を思い出しました。
あの当時に全巻読破していたら(今より更にロクでもない方向へ)人生変っていたやもしれません。

べらぼうに面白いのですが、挿画も写真もふんだんにちりばめられているので、虫全般が苦手な人には禁書ものでしょう。
もし親御さんがカブトムシの幼虫に顔をしかめる人だったなら、布団の下に隠してこっそり読みたいところです。
ところで、虫名は平仮名に傍点よりも、いっそカタカナ表記のほうがすっきり読めるのでは…頁によってはちょっと傍点が目につきすぎて煩わしく感じました。