リンカーン演説集

Posted on 木曜日, 12月 4th, 2008 at 4:58 PM

奥付に2008年11月14日第31刷とあり、米国大統領選に合わせて重版をかけているのかなと一瞬思いましたが、初版は1957年。4年毎よりも頻繁。コンスタントに売れているタイトルのようです。

丁寧な解説も付されていますが、いかんせんアメリカ史にとんと疎くかろうじて南北戦争というのが昔あったくらいのことしか知らない身には…
やはりこの辺は一度きっちり頭に入れておかないとまずいなと痛感しました。
ウィキペディアで「南北戦争」をざっと通読した程度では文脈が見えてきません。
まだ4000年の歴史とかでないぶんマシなのかもしれませんが。

そして文脈がわかっていない状態で読んでいると、単語に目が行ってしまうわけです。
そういえば「奴隷」の定義ってどうなっているのかとか。
丁稚奉公や身売りが含まれるのは予想通りでしたが、語源についてはちょっと意表をつかれました。
こうやって際限なく読みたい分野が増えてくるのでウィキペディアは便利で簡易なぶん余計に危険です。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply