寒い冬の

鯖書房 » 読書部 » ミステリ »  森博嗣『四季・冬』

森博嗣『四季冬』読了。なるほどなぁ。そう来たのか。そう来たというのか。予想できてもおかしくなかったが、全然予想できなかった。何れにせよ、読んどいてよかったよ。タイムリーだったよ。

しつこく読んでる『新現実2』。やっと「傷つける性」を読み終えたと思ったら次は「くびれ世代」の人が「くびれ世代」を卑下するエッセーでげんなりする。己の世代のことをおとしめることに何の快楽があるのか。こんだけ細分化した時代、そういう大括りに意味があるのか。僕はいわゆる団塊ジュニアのベイビーブームなのだが、あんまり意識したことないよ。というか意識するという話を聞いたことがないよ。それがこの世代の特徴だといわれればぐうの音も出ないけどさ。ぐう。

で、例によって週遅れ旬遅れ月遅れのフォーサイト。大統領選挙なんだねぇ。とりあえず民主党の人に勝ってほしいなぁ。根が鳩なので。

posted by 店員 at |

コメント