ミステリーなのかミステリィなのかはっきりしろと

鯖書房 » 読書部 » ミステリ »  森 博嗣『τになるまで待って』

知らん間に新作が出ていたのでサクッと読んで、カクッとレビュー!以下完全ネタバレ、茫然読者、アタタカイトコロヘイキタイナリ〜。

赤柳初朗=小鳥遊練無説というのがあるらしい。海月及介=森川素直というのはほぼ確定的なので、本作は図らずも旧交を暖める展開となったわけであるが、

海月(このおっちゃんどう考えても小鳥遊君だよね。なんでちょびヒゲ付けてるんだろう。変装かな?)

小鳥遊(森川君に違いないなり〜。なんでまだ学生なりか?20年ぐらい留年してるなり?)

とかなんとか互いに疑問を腹に収めながら、加部谷恵美(紫子)と山咲早月(保呂草)と四人でマージャン大会だったわけですな。つまり伽羅離館=阿漕荘ってことでひとつ。

すみません。いや、もう、本当にすみません。

posted by 店員 at |

コメント / トラックバック 3 件

  1. 匿名 より:

    はじめまして、いつも楽しく読ませていただいております!
    以前こちらで森川素直説を見て狂気乱舞させていただきました。観察眼の無い私は、こちらのネタバレで吃驚いたしました。
    赤柳初朗=小鳥遊練無説はどこでご覧になったのでしょうか?赤柳については私も散々妄想しておりましたが練無とは…
    加部谷と山吹の冷たい関係もいかにもという感じですが、どこまで信用して良いものか心が千々に乱れるばかりですw

  2. 店員K より:

    赤柳=小鳥遊説は2ちゃんねるです。
    諸説ありましたがこれが妥当というか、
    間違いないと思われます。

    海月については、
    犀川の弟説、
    保呂草(と各務)の息子説、
    などが有力っぽいです。

  3. fe より:

    小鳥遊練無は短編で島のお医者さんをしていることが分かっています。
    確かそういうのが夢とも言っていました。
    そこに香具山さんが週末だけ遊びに来ていました。
    島民からはスーツ姿の男性と認識されています。

    赤柳と保呂草の会話「イントネーションがね」
    に当てはまる人間を考えればたかなしよりも当てはまる人間がいると思います。
    ひげ=変装と考えればそれは男装である可能性は大きいです。
    男性ならば付け髭で歩く理由は少ないと思われます。

    「τ〜」での赤柳の会話も、会話文だけを追えば女性の会話に取れます。

    少なくともたかなしれんむだけはないと思いますね。

コメント