リア充のリア充による

鯖書房 » 読書部 » ミステリ »  辻村深月『冷たい校舎の時は止まる(上)(下)』

非リア充のための青春ミステリ。

アマゾンの「商品の説明」(ノベルス版上巻)にはこう書かれています。

出版社/著者からの内容紹介
「あの頃の純粋な気持ちとさわやかな感動を胸に届けてくれました」withモデル森 絵里香
第31回メフィスト賞受賞!感動の長編傑作!
ある雪の日、学校に閉じ込められた男女8人の高校生。どうしても開かない玄関の扉、そして他には誰も登校してこない、時が止まった校舎。不可解な現象の謎を追ううちに彼らは2ヵ月前に起きた学園祭での自殺事件を思い出す。しかし8人は死んだ級友(クラスメート)の名前が思い出せない。死んだのは誰!?誰もが過ぎる青春という一時代をリアルに切なく描いた長編傑作

これがすでにミスリード。偽装です。

「誰もが過ぎる青春という一時代をリアルに切なく描いた」。リアルかも知れん。切ないかも知れん。でも、「誰もが過ぎる青春という一時代」を描いてはいない。描いてはいないがゆえに、謎は魅力的なのである。

リア充の中で一体誰が死んでいるのか、換言すれば、作者である「辻村深月」氏(「辻」の「辶」は点二つ)に殺されてしまったのか、という屈折した興味は、非リア充にしか持ちえないものだろう。そもそもリア充がリア充とか非リアとかを問題にすることはない。

この動機面での謎が推進力となって小説は進む。リア充にはわかるまいて。

「榊」のトリックは「林」のそれと同じくらいずるいのではないのかね。

いや、確かに、登場人物たちの回想譚に菅原は登場しないし、榊は彼らと同じ高校の卒業生だし、茶髪にピアスだし、「ヒロくん」だし、アンフェアとは言えない。

でもなぁ。「榊」なぁ。カタルシスがなかった。人物誤認トリック大好きなのに、だ、だ、だまされた〜!っていう絶頂と恍惚がなかった。何故かって言うと「榊」だったからだ。叙述トリックじゃなかったからってのもあるかもしれないけど。

というよりもだな。

リア充は終始リア充であり、非リアはどこまでも非リアであるという設定に不満を抱いたのではないか。メフィスト賞に求めるものが違うということか。

まったく関係のない話ですが、岡村靖幸また逮捕ですか。私は岡村ちゃんが小説家であったら書くであろうリア充の非リアによる非リアのための青春小説を読んでみたいと思うのです。まぁ岡村ちゃんはダンスとギターの猛烈さゆえに岡村ちゃんだろうから、小説家ってのはすでに岡村ちゃんじゃないんでしょうが。

posted by 店員 at |

コメント