黄表紙

鯖書房 » 読書部 » 哲学 »  Institute for Zen Studies『How to Practice ZAZEN』

先月の観光みやげに買いました。

金閣寺が禅寺だったことに意表をつかれ金閣寺限定販売キティキャンディ(缶入り)のペカペカ感に動揺させられ、いろいろと面白かったのですが、いちばん度肝を抜かれたのはこの小冊子でした。
英語表記で見ると膝を折られるような気分になるのは何故かといったことはともかく、目にした瞬間に二人して表紙買いを確信させられました。相談するまでもなく。
無難な栗入り生八ツ橋とかちょっと良いけど予算1桁超過の香炉とかはもうどうでもよい、これだけで今回の遠出は元を取ったと満足。
色に目が眩みました。
もし表紙が龍安寺石庭の写真とかであったなら見過ごしていたでしょうおそらく。

肝心の本文はといいますと、「般若心経」以外の原典をまったく読んだことが無いのであくまで憶測ですが、たぶん英語で読まされるほうが分かり易いのではないかという気がしました。
細部のニュアンスはともかく、座禅の本筋を大まかに把握するには。

ただ。
「十牛図」はもうまったく、さっぱり、脈絡不明でした。
百頭女でもここまで訳が分からないことはないのでは…。
日本語版でも同様にクラクラするのかどうか、相方の蔵書にあるようですので、あとはあちらに振りたいと思います。

※ISBNは付いていませんが、発行元から直接購入可能です。
(→禅文化研究所HP)

posted by 店主 at |

コメント