国富論 (四)

鯖書房 » 岩波文庫部 » 白版 » 経済・社会 »  アダム・スミス『国富論 (四)』

教育の話と、税金の話です。

結局、全4巻ほとんど違和感なく読み終え、自分の人でなしさかげんを再確認しました。
すこし気になるのは著者がデイヴィッド・ヒュームと交友関係を持っていたらしいことです。
ヒュームは相方の守備範囲ですので読むあては無いかと思っていたのですが、にわかに興味が湧いてきました。
青くない青版というのがあるのでは、そのような興味です。

posted by 店主 at |

コメント