Archive for 9月, 2010

金枝篇 (一)

Posted in 経済・社会 | No Comments »

呪術→宗教→科学(化学については呪術→科学)という見方をしたことが殆ど無かったので、第7章が面白く読めました。
とくに呪術と宗教はほぼ一緒くたに捉えていましたので。

(p. 205) 呪術によって自然の運行を決定しようとする野心をすて去り、次第に神々を、かつては彼自身も神々と分けもっていると主張した超自然的な力の、唯一の所有者であると見るようになるのである。

100年くらい前に書かれたこの本で「進歩」とされているこの現象が、あと1000年後あたりにはどう評価されているのか気にかかるところです。
80年くらいの寿命は要りませんし魂不滅もまったく信じていませんが、冥土で書物が読み続けられればなぁと思わされました。