Archive for 5月, 2009

納豆クッキー

Posted in おやつ | No Comments »

oyatsu090531

【水戸納豆クッキー♪:**葉っぱ**さん】

アクセントのドライ納豆は省略し、生地の納豆粒をあまりつぶさないよう用心しつつ撹拌。

…焼成中の臭いは相当なもので、なぜか納豆ケーキより更に強烈な気がしました。
味も、ケーキより強烈です。
焼いた後なおネバネバがすこし残っているのにも驚かされました。

きなこケーキ

Posted in おやつ | No Comments »

oyatsu090530

【簡単☆ミニきなこケーキ:*ひなママ*さん】

焼いている間はかなり強烈にきなこの良い匂いが漂ったのですが、それで香りが殆ど飛んでしまったのかどうなのか、いざ食べる時にはあまり、きなこらしい気配がしませんでした。炒り大豆(節分豆)の味はするのですが、きなこの気配はしない。

炒った大豆の粉ときなこはイコールの筈なのですが、粒状か粉状かで食味はだいぶ変わるということかもしれません。

中谷宇吉郎随筆集

Posted in 日本文学(近・現代) | No Comments »

まさか緑版でも、「この1冊があれば、あの作家の本はもうぜんぶ手放してもいいかも」ということが起きるとは予想もしませんでした。
なにかこのところ立て続けに岩波文庫恐るべしと書いているような気が。
大量出版大量消費の敵であることはどうも確かなようです。

しかしそれはそれとして、内容や文体とは別のところで、時代の流れを感じる箇所も(少しだけ)ありました。

(p. 350 「立春の卵」) ゆでた卵が簡単に立ってくれれば、何も問題はない。大いに楽しみにして待っていたら、やがて持って来たのは、割れた卵である。「子供が湯から上げしなに落としたもので」という。大いに腹を立てて、早速買いに行って来いと命令した。細君は大分不服だったらしいが、仕方なく出かけて行った。卵は案外容易に手に入ったらしく、二つ買って帰って来た。もっとも当人の話では、目星をつけた家を二軒も廻って、子供が病気だから是非分けてくれと嘘をついて、やっと買って来たという。大切な実験を中絶させたのだから、それくらいのことは仕方がない。

(p. 224「サラダの謎」)そこで妻がレタスをつくることになった。レタスなどつくってみれば、何でもないもので、デパートから買ってきた種を蒔き、油かすを入れておけば、結構立派なレタスが出来た。当時の札幌は案外ハイカラな街であったらしく、ヴィネガーもオリーブ油も、簡単に手にはいった。

ところで、ヴィネガーはともかくオリーブ油はもちろん輸入品であっただろうと思うのですが、これ、どこからの輸入品だったのでしょうか。空輸便の時代ではないし、やはりロシア経由か。横浜港からはるばる札幌まで??

戦前の日本はすでに結構なハイカラだったと、そこかしこで読んだ憶えはありますが、ここまでだったとは。驚きました。

東関紀行・海道記

Posted in 日本文学(古典) | No Comments »

何か昔ならではの事や物に出くわすのかと期待したのですが、あまり、そのような記述は無く。

だいたい同じような道筋(京都→鎌倉)で旅行しても、何を書き記すかは人によってここまで違います、という、非常に対比の鮮やかな1冊です。

コーンスターチクッキー

Posted in おやつ | No Comments »

oyatsu090524

【ホロホロ★コーンスターチクッキー:かえかえこさん】

小麦粉にトウモロコシ澱粉を混ぜると、食感はどう変わるのかと。

ほぼ卵ボーロそのもののような食感でした。
卵は使っていないのですが。

納豆ケーキ

Posted in おやつ | No Comments »

oyatsu090522

【納豆ケーキ♪ノンオイル:**葉っぱ**さん】

字面からしてキワものじみているとは思いました。
たまには危うそうな橋も渡ってみようということで。

ところが焼成中の臭いも恐れていたほど強烈ではなく、冷めるといよいよ、それらしい気配は微かに。
プレーンなケーキとは明らかに別の物ですが、ゲテモノの味ではありません。

或日の大石内蔵助・枯野抄 他十二篇

Posted in 日本文学(近・現代) | No Comments »

「河童」のような作品をまた読んでみたいのだけれど、この1冊には無いか…と諦めて読み終える間際に。
ありました。
最後の1篇、「馬の脚」です。

ココナッツクッキー

Posted in おやつ | No Comments »

oyatsu090520

【ココナッツのころころクッキー:よっち君さん】

食後、歯に挟まったココナッツを噛みしめ、これ単体では(とくに冷めていると)とりたてて味らしい味はしないのだなぁとちょっと意外でした。
しかし焼き菓子との相性はやはり抜群です。

文明論之概略

Posted in 日本思想 | No Comments »

(p. 218)  欧羅巴の各国にては、その国勢の変ずるに従て、政府もまたその趣を変ぜざるべからずといえども、独り日本は然らず。宗旨も、学問も、工業も、悉皆政府の中に籠絡したるものなれば、その変動を憂うるに足らず、またこれを恐るるに足らず。もし政府の意に適せざるものあれば、輙ちこれを禁じて可なり。唯一の心配は、同類の中より起る者ありて、政府の新陳交代せんことを恐るるのみ。

140年以上前の問題提起なのですが、例によってというか、つい最近の新刊書でも見たような。

現況解説が古くなっているのは当たり前として、問題の焦点が古くなっていないというのは、どうなのでしょうか。

いよいよ10年くらい後には、これも古い話になる、のでしょうか。
危うい雲行きですが。

スライスチーズのチーズケーキ

Posted in おやつ | No Comments »

oyatsu090517

【手抜きっ!!スライスチーズでチーズケーキ:neko-maru さん】

おいしいです。
あまりに手軽なので殆ど期待していなかったのですが、猛反省。侮っていました。
チーズ味の、かなりしっかりしたプリンのような食感でした。