Archive for 8月, 2007

ローマ史論 第三巻

Posted in 法律・政治 | No Comments »

解説がとても名調子です。ここから読み始めた人は本文を開かないままになってしまうのじゃなかろうかと思いました。

ところで、マキアヴェッリは白版で孔子は青版分類なのは何故なのでしょうか。
これは恥ずかしい類いの疑問なのでしょうか。
白版通読の後に判明してくれると良いのですが。

ローマ史論 第二巻

Posted in 法律・政治 | No Comments »

兵法というのか戦略というのか、ともかく、すべて戦の話です。
各章の見出し(ゴシック)部分だけならいろいろと読み替え可能かもしれません。本文(明朝)で舟を漕いではゴシックで目が覚めるの繰り返しでした。

ローマ史論 第一巻

Posted in 法律・政治 | No Comments »

岩波文庫版のマキアヴェッリでいま新刊として読めるのは『君主論』1点だけかと思いきや、80周年記念リクエスト復刊に本作が。
あやうく見過ごすところでした。

「ローマ→米」「ラティウム人やヘルニキ人等→日」と置き換えて読むと、しみじみと厭な気分になれる挿話が満載です。
とくに第三十八章は。
紀元前の話なのですけれど、いかにもまた、このままなぞることになりそうな。
昔のことに興味はなくとも、現状把握としてここだけでも立ち読みの価値はあると思いました。
親方や兄貴が目下を助けてくれるのはあくまでも余裕があるときだけ。
そしてはべっているのは趣味でも賢明だからでもなく、それよりほかに選択肢がないから。
珍しくもない話、「昔の話」になっていないところが、しみじみと厭な。

岩波文庫しおり

Posted in サバサバの日々 | No Comments »

岩波文庫創刊80年記念企画のしおりが届きました。

岩波80木製しおり

木製のしおりで素材と思われる葉っぱの絵が素敵なのですが、ロゴ。この「80」のロゴ。やっぱり入れんといかんか。80ってアッピールは必要か。くす、とか、まつ、とかだけにしときゃいいのになぁ。惜しすぎる。

リヴァイアサン(四)

Posted in 法律・政治 | No Comments »

Amazonの商品ページではなぜか「新書」と表記されていますが、配送されてきたのは文庫版でした。

ちょっとケンカ腰な終盤もさることながら、脱線の余地があるところが4分冊中ではいちばん楽しく読めます。

附録第二章「異端について」
ローマ皇帝が異端者にたいして制定した処罰:
焚書(異端の著者自身ではなく、有罪とされた著書を火に投じなかったものには、死刑)

最初はぎょっとしたものの、しかし考えてみると日本で昔あったキリシタン弾圧の「踏み絵」も似たような話か。

それはそもかく、盆休みのためなのか小松菜ほうれん草がやけに高い(普段の倍値)のでたまには気分を変えて、と白和えにモロヘイヤ(唯一平常値の葉野菜)を使ってみることに。
モロヘイヤといえばエジプト野菜。たしかむこうではスープにするはず。
本書27頁にはエジプト人が崇拝する韮と玉葱とあり、そういえばエジプト料理ってどんなかんじなのか。

ひとまずエジプト大使館HPによると、モロヘイヤスープは紹介されているものの韮の気配はとくになさそうな。玉葱はそれなりに使われるようですが。
拝む対象を常食はしないということでしょうか。

この「エジプト焼き」はニラ入りのようですが、しかし、うどん…
麺類ってどうなのでしょう、エジプトでは。

焦がしバターをバニラアイスに

Posted in アイスクリーム | 2 Comments »

かけてみました。
こちらもまたどこかのレストランで出されていたメニューとのことです。

予想:同じ乳製品なら、オリーブ油より好相性では?

oyatsu070812.jpg

結果:舌にのせた瞬間、なんとも香ばしい味わいが。

すくなくともオリーブ油よりはこちらの方がずっと好ましい感じです。
ただ、喉のあたりでバターが滞ってすこし重くなるので、アイスの冷気でバターが固まらないうちに素早く食べるのが肝要かもしれません。

リヴァイアサン(三)

Posted in 法律・政治 | No Comments »

3冊目のテーマは宗教VS国家です。
分量もさることながら全編にただよう緊迫感と著者の懊悩感、これは日本では有り得ない著作だろうなと思いました。
お天道様やら皇室やら仏教やらを引き合いに出してここまでのシロものが書き上げられることはきっとありません。

「あいまいな日本の私」(大江健三郎)ではありませんが、日本はやはり、うやむやでやってきた国なのだなと、こんなところで再確認させられました。
「脱」しようにもそもそも構築が無いとか。転換しようにも「旧」体制がなんだかぐにゃぐにゃで掴みどころが無いとか。
ひっくり返せるものはせいぜい卓袱台くらいなものだったのか、とか。

バニラアイスにオリーブ油

Posted in アイスクリーム | 2 Comments »

今年の正月だったか、キオスクで立ち読みした雑誌に紹介されていた食べ方です。
とくにキワもの企画というわけではなく、実在するカフェだかレストランだかの正規メニューでした。
雑誌名も店の名も忘れてしまいました。
字面から想像されるほど無闇なものではないのだろうなたぶん、と思いはしたものの家で実行に移すまで半年以上。

oyatsu070805.jpg

私は最初のひとくちで、もういいやと結論してしまいました。

相方は、オリーブ油による差異が大きいのではないかと、家にある2銘柄を食べ比べてみました。
しかしどちらも格別に美味いということはなかったようです。

ふたりともオリーブ油の風味自体はとくに苦手でもないのですが…
とりあえず、バニラの香りは完全に負けます。

リヴァイアサン(二)

Posted in 法律・政治 | No Comments »

ここひと月ばかり出稼ぎに行っておりました。
食べる量がほぼ倍増したにもかかわらずまだエネルギー供給量が足りていなかったのか本を開くともう見開き2頁ももたず、またしても1冊に丸1ヶ月。
こまぎれに読んでもそんなに不都合はない形式なのがせめてもの救いでした。