Archive for 5月, 2007

けっこう読んでいるような

Posted in 読んでない | No Comments »

岩波文庫で応募者全員プレゼントの企画が行われているようです(→岩波書店:私の好きな岩波文庫)。本日たまたま書店の店頭で知ったのですが、興味あるものを手に取ってみれば、すでに持ってるような持ってないような、読んだような読んだ気になっているような、どうにも微妙なラインナップです。ここはまったく興味のない『古事記』とか『武士道』あたりに手を伸ばしてみるのも一興かも知れませんね。というよりもむしろ御託はいいから更新しろってことですね。

それはそうと(一)だけとか(上)だけってのはどういう意味でしょう。ちゃんとセットで選ばれているのもあるのに。

イニシエーションとしてのラブ・ストーリー

Posted in ミステリ | No Comments »

これはこわい。

帯に書いてあるくらいだからネタバレではないと信じますが、絶対に二回読みたくなります。「二回読みたくなる」という評を目にして、「二回読むもんか」といけず視点で読んだ私がいうのだから間違いありません。確かにこの手のトリックはミステリにおいては先例があるでしょう。だがしかし、あまりにも巧みです。

もし仮に、二回読まずに済ませられる人がいるとしたら、それは次のいずれにも合致するでしょう。

  1. 読みはじめる前にトリックが完全にわかってしまった人
  2. 女の人

男には無理ですね。それはたぶんこの小説の語り手が男性一人称であることと関係があるように思われます。そしてたぶん、同じような小説を再び読んだとして、男はまた同じように騙されるでしょう。忘れるからです。「○○○とはそういうものだ」という事実を忘れてしまうからなのです。

恋愛ホラー小説というジャンルがあるのなら、それです。恋愛ホラーミステリです。ジャンル名並べると安っぽいですが、それは80年代の空気にも通じるのかも知れません。ホラーとして成立しうる空気というのがあると私は思います。現代にそれが成立するのかは、残念ながらわかりません。

もしかすると、私が「こわい」と思ったのは、恋愛小説をまったく読んだことがなかったからかも。ロミオとジュリエットぐらいしか読んだことありません。ミステリよりも恋愛に疎い人がむしろ衝撃を受けるのかも。

Read the rest of this entry »

新版 世界憲法集

Posted in 法律・政治 | No Comments »

各(国別)章はじめに挿入された訳者解説がとても重宝です。
それぞれの国が現体制に至るまでの経過が、ごく簡潔(各だいたい4頁ほど)にまとめられています。
9カ国分(アメリカ、カナダ、ドイツ、フランス、韓国、スイス、ロシア、中国、日本)しかカバーされていないのが本当に惜しい。
「とりあえず現在のフランスは王制ではない」レベルの大雑把すぎる認識しかない私の現状には、まさに格好の1冊でした。

いっそこの解説部分だけ世界全カ国分を集めて、岩波現代文庫あるいは新書あたりで出してはくれまいかと切に思います。

柏餅

Posted in おやつ | No Comments »

先月ためした桜餅キットと同じメーカーです。

(→山眞産業HP:手作り和菓子教室:柏もち)

あんこを包むのに手間取ってなにやら見苦しい仕上がりですが、やけにコシのある柏餅が出来ました。

oyatsu070505.jpg

味は、ふつうに順当に旨いです。

今回も、餅生地用の砂糖はセット外でした。
そしてもうひとつ、「用意する道具」に「すりこぎ」とあって、これはちょっと、あせりました。
うちのすりこぎは、乳棒を木製にしたような、かなり小さいイレギュラーサイズなので、これで用が足りるだろうか…と。
結果的にはなんとかなりました。

このシリーズのレシピカードは箱の中に封入されているので、買って開封するまでは、キット以外に必要な材料と道具は分からないのです。

砂糖はまぁたいがい常備されているだろうとして、すりこぎ。
どこの家にも普通にある道具なのでしょうか。
ラップの芯で代用というわけにもいかんでしょうし。酒とかワインの瓶で…?