Archive for 2月, 2005

チョコレートシロップのアイス

Posted in アイスクリーム | No Comments »

HERSHE’Sの定番を使いました。
かるくかき混ぜて凍らせてみたところ、断層もほどよくマーブル状になっていて見た目にもなかなか楽しい仕上がりでした。

050228.jpg

アーモンドパウダーのアイス

Posted in アイスクリーム | No Comments »

製菓用のアーモンド粉末を混ぜて凍らせたのですが、それらしい風味はほとんど感じられませんでした。すこしザラッとした舌触りになるので、「なにかしら混ぜてあるらしい」とだけは判る、その程度です。
1碗あたり15gで少なすぎるとも考えづらく、これは食べる際にふりかける方式のほうが正解なのかもしれません。

050225.jpg

誕生祝い

Posted in おやつ | 2 Comments »

定員K、31歳になりました。

050222.jpg

練りごまアイス

Posted in アイスクリーム | No Comments »

むしろ混ぜ込んだ胡麻の分量による違いなのかもしれませんが、すりごまアイスよりもだいぶん濃厚な仕上がりになりました。

050220.jpg

例外における普通の人

Posted in ミステリ | No Comments »

キャラクタ小説、正直、おにいちゃんがどうとか、妹がこうとかまったく分かりませんが、これはそういう小説ではありませんでした。「普通の人」ががんばるとどうなるのか、という実験です。シミュレーションです。

出てくる人はみな、強と弱に分けられます。強い人たちは闘っています。弱い人たちは闘っている気になっています。そんななかで分類しにくい人がいます。弱から見れば強、強から見れば普通の人。自身も普通を自覚しています。

大地震に遭遇し、校舎に閉じ込められた生徒たちは、何と闘っているのでしょう。強者は強者同士闘っています。弱者は強者や普通の人と闘っています。では、普通の人は何と闘っているのでしょう。

強者も弱者も大地震を手段と捉えています。前者は敵を討つための隠れみのとして、後者は日常から撤退するための盾として。普通の人だけが、大地震に抗おうとしています。つまり、普通の人は不条理と闘っているのです。

ここで言う強者とは村木と園部以外の人物、弱者は村木と園部、普通の人は鏡佐奈です。鏡那緒美と祁答院唯香は便宜上、強者に分類しておきます。

さて、

Read the rest of this entry »

さてこれは、

Posted in アイスクリーム | No Comments »

浮かべてから凍らせました。アイスの水分を適度に吸って、かといってべたつくわけでもなく、わるくない食感です。ただ、定員Kに「芋虫のよう」と形容されてしまったのが不憫です。

問題

Read the rest of this entry »

チョコ丼

Posted in おやつ | No Comments »

(3日遅れの)バレンタインだからいつもより豪勢にしよう、として、やりすぎました。
底の方から順にバニラアイス→カステラ→生クリーム→伊予柑→バニラアイス→生クリーム→バナナ→チョコアイス→チョコソースとなっています。丼鉢はうどん用のサイズです。各材料の分量は器との対比から類推してください。
旨かったとか美味しかったとかいう悠長な余韻よりむしろ、あまりの重量感に食後ふたりして黙り込んでしまう始末。お店ではちょっとあり得ない(洗練とは程遠い)過剰さ、自家製ならではの醍醐味ではありますが、こういう不摂生は年に1回が限度だなと痛感しました。
これを毎日のおやつにしたら肝臓かどこか壊れそうです。

050217.jpg

バナナアイス 改訂版

Posted in アイスクリーム | No Comments »

初版ではたしか包丁で刻んだバナナをアイスに混ぜて凍らせたおぼえがあるのですが、今回はバナナをミキサーにかけて完全にドロドロにしてから混ぜ込んでみました。一鉢あたりバナナ1本の割合、かなり濃いバナナ味です。
生バナナが変色してチョコアイスのような見てくれになってしまいましたが、とくに不穏な味もせず、順当な旨さでした。仕込み時にレモン汁かなにかを追加すればもうすこし色よく出来上がるかなと推測されます。

050209.jpg

東ハトオールアズキにアイスクリーム

Posted in アイスクリーム | No Comments »

さっそくこちらも試してみました。
うまいです。しるこサンドには負けるかもしれませんが、末永く残ってほしい商品です。

050208.jpg

奥様が先か、ネットが先か

Posted in ミステリ | No Comments »

脳内イメージよりも先にイラストがあって、想像力に対する負荷が軽減されるということでこれはライトノベルなのでしょうか。

すみません今日の感想文は、いつもよりもさらに短いです。そして当然のようにネタバレです。

Read the rest of this entry »