Archive for 1月, 2005

つぶあんアイス

Posted in アイスクリーム | No Comments »

皮の食感が残っているぶん、多少、こしあんアイスとは違ったかんじになりました。

050131.jpg

キウイジャムのアイス

Posted in アイスクリーム | No Comments »

わりに酸味が強い果物となるとアイスのフレーバーとしてはどうなのか、やや不安だったのですが、いい感じの味でした。ジャムシリーズのなかでは秀逸の彩りです。

050125.jpg

悔やむという快楽

Posted in ミステリ | No Comments »

いわゆる「『このミス』読み」。長編が出てるなんて知らなかった。しかも法月綸太郎ものですから、これを読まずに何を読むのか2004年です。

前衛彫刻家が娘をモデルに石膏直取り人体彫刻を製作した。彫刻家は癌でなくなり、遺作からは首だけが切り取られ持ち去られた。誰が、何のために。

「誰が」と書きましたが、力点は「何のために」の方にあります。いわゆるホワイダニットです。つまり動機です。

動機なんてふつうはわかりません。実は親子だった、恋人だった、トラウマだった、人間じゃなかった、などなど、読者には知らされていなかった事実があらわになり、なるほど、だから、やったのか、となるのが並のホワイダニットでしょう。そうでなければ、別の動機を右手にちらつかせておいて、左手の方でごそごそ、みたいな。

そこが本作の特異なところです。直球なんです。目をしっかり開いていれば見えるのです。冷静に推理すればわかるはずなのです。なぜ首は持ち去られたのか。犯人には、何が、必要だったのか。もちろん、言うまでもなく、私にはわかりませんでした。わかりませんでしたが、わかる人にはわかるのだろうということはわかりました。道具立てが万全だったからです。ヒントは冒頭から結末まで、至るところに配置されています。フェアです。そのフェアさ加減に悔しくなります。迂闊な人は悔やんでください。

悔やむといえば法月綸太郎。苦悩の探偵です。今回は「事件は防げたのではないか」ということを悔やみます。だけどちょっとあっさりしすぎの感も。仕方ないといえば仕方ないのかも知れませんが、昔みたいにもっとうじうじ悔やんでほしいところです。

林檎ジャムのアイス

Posted in アイスクリーム | No Comments »

苺ジャムのときと同様に色は地味ですが、ちゃんと林檎の味はしました。さらにほかのジャムでも試してみようかと思います。

050119.jpg

栗甘露煮のアイス

Posted in アイスクリーム | No Comments »

正月の名残り、其の二です。

050118.jpg

黒豆アイス

Posted in アイスクリーム | No Comments »

正月の黒豆を使いました。贅沢な味わいです。

050113.jpg

ミルクチョコレートアイス

Posted in アイスクリーム | No Comments »

板チョコ(明治ミルクチョコレート)を包丁で刻んだものを、混ぜ込んでから凍らせました。
案の定、チョコは沈殿しました。
底部分はちょっとリッチな食感です。

050107.jpg

苺アイス

Posted in アイスクリーム | No Comments »

先月つくりおきしたジャムを使いました。
ほんとうに苺が入っているのかと疑いたくなるような、このぼやけた色合いからは想像もつかないような濃い味でした。

050103.jpg