Archive for the 白版 Category

イギリスにおける労働者階級の状態 (上)

Posted in 経済・社会 | No Comments »

眠れます。
(つまらないという意味でも難解という意味でもありません。)
余震と(計画停電に合わせて)不規則になっている生活と寒さの中ではむしろ避けるべき本かと思ったのですが、エンゲルスは就眠を妨げません。
マルクスで眠れなくなるのは題材や論調の問題ではどうもないらしいということが分かりました。

冒頭から(特に衛生面での)悲惨な事例が始まり、それはずっと続きます。
p. 266辺りから、誰にとっての悲惨なのかちょっとひっかかる箇所が出てきたような気もしますが。

経済学原理 (三)

Posted in 経済・社会 | No Comments »

第2巻の話題を引き続き、丁寧に掘り下げます。
著者が居所(国)を転々としていたせいなのか、ある国の内側ではなく、よその国との関係に特に重点を置いて話は展開します。

(p. 122) 「貿易を公開すれば、富はすべての国で自然に平衡に帰するのはたしかであり、不利な貿易差額の恐怖は単に陰鬱な想像の結果にすぎない。」と言われると想定せよ。……この異論にたいしてはいくつかの回答が可能だろう。その第一は、各国民が不安を覚えるのは、この種のバランスを阻止しようとするためだ、というものである。というのは、バランスはここでは富の平等と解されるからである。そしてそんな平等にされてはたまらないと考えるのは、もっぱら富裕な国民である。……富裕な国民にとっては、制限とか、関税とか、禁止とかの手段によって有害な通商関係を切り捨てることが利益になる……第二の回答は、貿易の公開は期待される効果をもたないだろう、なぜかといえば、それはたとえあらゆるところの勤労ではなくとも、すくなくともある国々のそれを破壊するだろうからだ……貧しい製造者が、自分の働いている部門(の製品)が国外から供給されるため、仕事を見つけることができなければ、彼は外国人の気紛れが自分の労働への需要をおこさせるまで生きてはゆけない。……第三の回答は、どの国民でも、その隣国のすべてから相互的な(貿易の)許可の保証をえないで、あらゆる種類の外国品の輸入にたいして港を開いているとすれば、そういう国は、おもうにはなはだ速やかに破滅するであろう……工業を促進するためには、為政者は許可するとともに保護するように行動しなければならない。

(p. 125) 種々の国家が存在するかぎり、利害関係もさまざまであるにちがいない。これらの利害関係を総括する一人の為政者がいなければ、一般的福利というようなものはありえない。そして一般的福利というものがなければ、各利害はそれぞれ別個に考慮されなければならない。

そして、以下中断です。

地震の為ではありません。

現住所の最寄り図書館は品切岩波文庫をけっこう持っていると喜んでいたのですが、まさか第3巻までしか蔵書がないとは…。
全7巻だそうです。
この先の転居先図書館であと4冊を今世紀中に借りることがかなうのか。
むしろ図書館が完全ネット配信化するであろうことに期待でしょうか。

そしてこれは地震の為ですが、食糧確保の見込みが危うくなってきたのでこれから買い出しに行ってきます。

経済学原理 (二)

Posted in 経済・社会 | No Comments »

商工業の話ですが、主に貿易とからめて大づかみにその推移パターンを追っているせいか、まるで古さを感じません。

時代を感じるのは奴隷という単語くらいです(ただし過去の事として出るのみ)。

貿易によって富裕になった国がライバル勃興によって不利になったときどう対処するか(第二十三章他)
一、不利になった部門を放棄して輸入に切り替え
二、ライバル商品の輸入を禁止する
三、関税をかけて時期(ライバルが贅沢に走り始めるのを)待つ

耳に馴染んだ状況・対処法が頻出。
今はまさに近代なのだなぁとまたしても再確認しました。

ところで、たぶんこれはハズレた仮説とされているかと思いますが、

(p. 172) 大まかな施政のもとでは、人口は増加するだろう。だから為政者は生活資料の供給にたいしてつねに目を配っていなければならない。倹約な治世のもとでは、為政者が勤労の余剰な生産物をさばくすべての経路を開かなければ、人口は減少するであろう。その理由はこうである。国内での支出の減少は、仕事の減少である。またこれはこれで人民の減少を意味する。なぜならそれは人民を生かす生活資料の流通を妨げるからである。

どこで読んだかもう忘れてしまいましたが「マルサスの論理を地で行っている唯一の国」と戦前に言われたことのある日本に、このざっくりした仮説も当てはまるのでしょうか。

経済学原理 (一)

Posted in 経済・社会 | No Comments »

さすがにこのくらい昔(1767年。『国富論』のさらに10年前)に書かれたものなら物珍しい話が読めるのではと期待しました。

この巻にとくに珍しい昔話はありません。が、今よりずいぶん取扱う範囲が広いのがなにやら目新しく感じられ、経済学というのは元々、政治経済学から始まっている、というのはどういう事かがよくわかる本でした。

コモン・センス 他三篇

Posted in 経済・社会 | No Comments »

アメリカがイギリスから独立する原動力となったパンフレットだそうです。

「俺たちは従属する玉じゃないぜ」という根拠を具体的な数字も含めて列挙してあるのですが、冒頭に掲げられるその自信満々の後ろ盾として旧約聖書が引かれるのに膝を折られてしまい、肝心の中盤以降にいまひとつ入り込めませんでした。
聖書をまた読み返さないとなぁと反省。

それはともかく意表を突かれて面白かったのが解説(著者の経歴、殊に前歴)です。

(p. 104) しかし、『コモン・センス』を書くまでの彼の経歴をみるとき、ひとは、そこからどうして後年の彼がでてきたかを理解するに苦しむであろう。

ゴータ綱領批判

Posted in 経済・社会 | No Comments »

マルクスは体調に響くとあんなに何度も書き込んでいたのに、久しぶりですっかり忘れていました…。
もともと寝不足気味だったところで手に取ったのが更によくなかったようで。

分かりにくい本ではありません。
著者の展望するところについては『共産党宣言』よりも分かり易いくらいです。

しかしなぜかどうにも。

もうマルクスに敗北を認めます。完敗です。
白版は一通り読むつもりだったのですが、残りのマルクスは相方に振りたいと思います。

産業革命

Posted in 経済・社会 | No Comments »

辞書を引いてもいまひとつよくわからなたった「囲込み(enclosure)」の詳細を思わぬところで確認できました。

技術革新が出てくる迄についても詳しく、話は工業だけでなく農業も含みます。

ある革命家の手記 (下)

Posted in 経済・社会 | No Comments »

ちらっとだけマルクスとエンゲルスが登場したり、読む人が読めばたぶん錚々たる人物名が並んでいるのだろうなと思われる下巻です。

革命活動記録 ロシア篇(第4部)
監獄日記・脱獄篇付(第5部)
革命活動記録 西欧篇(第6部)

監獄生活についても部屋の広さからお仕着せの色にいたるまで詳細で面白いのですが、個人的には第3部の満州探検をもっと読みたかったところなので、著者が地理学から離れてしまったことが本当に惜しい…。

秘密警察がソ連の十八番ではなく、帝政ロシア時代すでに猛威をふるっていたらしい事を初めて知らされました。

ある革命家の手記 (上)

Posted in 経済・社会 | No Comments »

自叙伝なのですが、悦に入った自分語りはありません。
著者の目に映った19世紀ロシアが淡々と書かれています。

モスクワ世相・風物誌(第1部)
農奴制・学校事情(第2部)
シベリア紀行(第3部)

といった内容で、わりと薄めにもかかわらず、3冊読んだような気分になりました。

麺麭の略取

Posted in 経済・社会 | No Comments »

パン(報酬)のピンハネを告発する書かと見当外れな推測をしていました。違います。
いかにしてパン(文字通り)を略取するかの目論見書です。

著者が唱導しているのは、無政府(権力不存在)共産制。

怠け者が出たら?→追放
罪人はどうする?→罪人を生むのは、法律

追放された人はどこへ行ってどうなるのかとか、後が気にかかる点もいくつかありますが、ともかく恨みつらみの記述は殆どありません。
具体的な算段が頻出し、きな臭い気配もあまり無く。

長らく共産主義と社会主義の区別もつかずにいましたが、マルキシズムとアナーキズムとの違いはこの1冊目でよく分かりました。

ただ、著者の意図はさておき、現住所で政府転覆というよりは、むしろ新天地へ引っ越す気を起こさせそうなノリをなぜか感じます。