Archive for the 法律・政治 Category

デモクラシーの本質と価値

Posted in 法律・政治 | No Comments »

とくに第8章、日本はいったいデモクラシーとアウトクラシーとのどちらに寄っているのか、読めば読むほどよくわからなくなってきました。

危機の二十年

Posted in 法律・政治 | No Comments »

70年くらい前に書かれたものです。

これから先についての予見まで含むことになってしまうのかどうかは分かりませんが、2010年時点では、結論も込みでいくらなんでもここまで見事になぞらなくてもと目眩がするくらい、「今現在」の捉え方としても有効です。

大きく更新が必要なのは全盛期を過ぎたのが英国から米国に替わったことくらいでは。

本題は国際政治なのですが、個々の話は、もっと身近なことへの示唆とできる箇所もかなり。
引用しだすとキリがないくらいにあります。

(p. 97) 利益調和の信念が存続したのは、『国富論』の公刊と蒸気機関の発明とにつづく百年を特色づけた生産と人口と富との比類のない膨張によって可能であったのである。

このくだりほぼ1頁、殆どそのまま「日本がいま頭を抱えている困難」の理由説明に代えること可能です。

(p. 166) リアリストの攻撃は、現実の人間にはユートピアンの諸原理を実践することができないとしているのではない。…(中略)…人びとがその原理を一貫して適用することにみずから失敗し自国民をその原理にそって導くこともできなかったなどということは、それほど問題ではない。問題は、これらの絶対的普遍的な原理とされるものが、およそ原理というものではなくて、特定の時期における国家利益についての特定の解釈にもとづく国策を無意識に反映したものであったということである。

「出来るわけないって言ったでしょ」ではなく、「また場当たり的なこと言って」ということでしょうか。

(p. 370) 第三節「政治的」紛争に司法的手続をとる見当違い
なぜ法的問題と政治的問題とのこの区別を堅持してゆくことが必要であるのか。法的問題は現行の法的権利にもとづいて司法的手続によって解決するのをよしとする問題であり、政治的問題は現行の法的権利を改変する要求にかかわっているために政治的手順によるしか解決しえない問題である。…(中略)…司法的手続は、力の要因を排することで政治的手順とは根本的にちがっている。紛争が裁判所に付託される場合、その前提は、当事者間の力の差異は全くかかわりがないということである。

この区別、日本には無いですよね…。
もちろん日本の話をしている箇所ではないのですが。

これを教科書にして現代日本への批評がゾロゾロと出ていそうだなぁと思いました。

ともかく、基本書の1冊として要再読、再々読です。

(p. 282) 倫理的基準は国家間の諸関係には適用され得ないとするリアリストの見解は、マキアヴェルリからスピノザやホッブスを経てヘーゲルへとたどることができるが、ヘーゲルにおいて最終的で徹底した表現をとるものである。

ここへきてまた青版へ脱線しそうな雲行きになってきましたが…。

第三階級とは何か 他二篇

Posted in 法律・政治 | No Comments »

「第三階級とはなにか……すべて」と始まるので、てっきりすべて真っ平らにしたいのかと思いきや、そうではなく、どうも第三階級の内側に更に階層があるみたいです。

議会に出るについて、とりあえず婦女子・浮浪者・乞食・被雇用者は、その代表から遠ざけられる。

さらっと書かれてますが、除外枠のほうが大部分になってしまうのでは…。
当時の特権階級は貴族と聖職者とあり、もちろんこの層も除外。

この残り部分は本当にそんな多数派なのかちょっとひっかかってしまいました。
とっさには自営業者しか思いつかなかったのですが、そんな膨大に??

それはそれとして、

(p. 85) 憲法はそのいかなる構成部分でも、憲法によって規定せられた権力によって作られたものではなく、憲法を制定する権力によって作られたものである。如何なる種類の代理権力も自己の代理権の条件を寸毫も変更することはできない。…(中略)…立法機関を設立する憲法はあらゆる組織に先んじて国民意思により創設される。

このくだりは憲法の説明としてとても分かり易かったのですが、これ、現況の日本国憲法には使えない説明なのですね、そういえば…。

いま新版で出すとしたら、併録の「特権論」を表題に持ってきたほうが相応しいかなと感じました。

フィレンツェ史 (下)

Posted in 法律・政治 | No Comments »

無理でした。
上巻ではどうにかこうにか取っ掛かりどころをひねり出しましたが、更にすみやかに右から左へ抜けました。

外交談判法

Posted in 法律・政治 | No Comments »

交渉術・営業術・人心掌握術の本としては最小・最薄・最軽量・最密度じゃないでしょうか。
新書より小さく、ほぼ携帯電話並みの重量です。

表題からすると外交官心得かと思いきやそこまで限定的ではなく、かなり活用応用流用が利きそうな内容なのです。
分冊水増しした類書がビジネス書コーナーに溢れていそうな。

さすがに一部の用語は200年分時代がかっていますが、要所要所は殆ど古びていません。
なにぶん、機械でなく、ヒトの扱いの話ですので。
いまでも「基本書」として現役を張れます。

「君主」を上司/社長/国民などなど、どう読み替えるかで様々な状況が思い巡らされ、話作りのヒントにすら使えそうです。

物書きでも営業でもない身としては、(優秀な)交渉担当がいかに職業として大変で、かつ得難い人材かしみじみと窺い知れる1冊でした。

フィレンツェ史 (上)

Posted in 法律・政治 | No Comments »

官職名の訳語例(p. 20)と献辞の部分で、これは黄版並みに読むのが辛いかも…と不安になりましたが、本文はそこまで時代がかっていなくて安堵、
とはいきませんでした。

鳥でもここまで酷くはないだろうというくらい見事に右から左へ抜けて行きます。人名も出来事も場所も。

各巻冒頭部分でだけ意識が戻り、あとはずっと舟を漕いでいる気分です。

各巻冒頭というのはだいたいこんな調子↓

(p. 199) ローマでは争いのために、あらゆる市民仲間の平等が一転して,賛嘆すべき不平等に変わったのに、フィレンツェではそのために市民は不平等の状態から驚嘆すべき悪平等のそれに顛落させられた。こうして事の成行きに違いができたのも、ひとえにそれぞれ両都市の平民たちの目指した目的が違っていたからなのである。ローマの平民は、貴族と提携して最高の栄誉を得たいと考えていたのに反し、フィレンツェのそうしたひとたちは、自分たちだけで政権を壟断して、貴族たちにはいっさいの分前をやろうとはしなかった。

この目線に違和感をおぼえるか新鮮さを感じるかは人それぞれとして、
これがあるから、面白いと私は思いました。

ザ・フェデラリスト

Posted in 法律・政治 | No Comments »

説得以前に、全論文を読んだ人は正味のところ当初どれだけいたのだろうかと、それが気にかかります。

さすがに一桁ということは無いと思うのですが、三桁はいなかったのではないか。

比較的よく読まれた箇所はどこなのか、というのも気になりました。

やはり、大きな敵に備えて近隣は手を組もうぜと呼びかけている辺りなのでしょうか。

個人的には終盤(第70篇)以降を推したいところです。

近代国家における自由

Posted in 法律・政治 | No Comments »

広い範囲の、国を跨ぐレベルまで含む「折り合い」や「懐の深さ」について話で、50年以上前の著作とはいっても、まったく古くなってはいません。

ちょうど世界同時不況のまっただなかですので、p. 24辺りのソビエトに関する下りを今現在なら日本に置き換えることはアリかナシか、などと捏ねくりまわしたり、かなり時事的にも読めるのですが、それとは別に、もっと狭い世間の近況にもからんできました。

歴史としがらみゆえか何をするにつけ他所の倍以上時間がかかると思っていた市の政策がなにやらこのところえらいハイテンポに進んでおりまして、
いつのまにか市内の路上ほぼ禁煙、中心部はあっという間に罰金制導入。
ご隠居とおぼしき方々を動員して、路上駐輪禁止も併せ、かなり本気の取り締まりっぷりです。
ここまでは、ちょっとその速さに驚いたくらいでした。

が、どうやらマイカー乗り入れ規制も既定路線として準備中の様子。とか、
業界団体側の話合い拒否で目下のところ頓挫しているらしいコンビニの営業時間規制とか。
この辺りのニュースを目にしたあたりで、ちょっと大丈夫なのかおい、と不安になってきたのでした。

鯖家はもともと喫煙嗜好なく自家用車の購入予定もありませんので今のとろ何が辛いわけでなく、(コンビニが深夜営業をしなくなったら相方はひょっとすると少し困るかもしれません)、しかし、財政状況がかなり厳しいらしいのに、なんだかお金の巡りをますます滞らせる方に働きそうなこの方向性、このスピード感。
しかもまだまだこれから各方面へエスカレートしていきそうな気配が、ちょっと恐い。

この「ちょっと恐い」を反芻するのに、この本は助けになりました。
とくにこれからしばらく、ルールについて考える機会があるたびに読み返すことになりそうです。

リンカーン演説集

Posted in 法律・政治 | No Comments »

奥付に2008年11月14日第31刷とあり、米国大統領選に合わせて重版をかけているのかなと一瞬思いましたが、初版は1957年。4年毎よりも頻繁。コンスタントに売れているタイトルのようです。

丁寧な解説も付されていますが、いかんせんアメリカ史にとんと疎くかろうじて南北戦争というのが昔あったくらいのことしか知らない身には…
やはりこの辺は一度きっちり頭に入れておかないとまずいなと痛感しました。
ウィキペディアで「南北戦争」をざっと通読した程度では文脈が見えてきません。
まだ4000年の歴史とかでないぶんマシなのかもしれませんが。

そして文脈がわかっていない状態で読んでいると、単語に目が行ってしまうわけです。
そういえば「奴隷」の定義ってどうなっているのかとか。
丁稚奉公や身売りが含まれるのは予想通りでしたが、語源についてはちょっと意表をつかれました。
こうやって際限なく読みたい分野が増えてくるのでウィキペディアは便利で簡易なぶん余計に危険です。

法における常識

Posted in 法律・政治 | No Comments »

ずっとつかみどころが分からないまま放置していた衡平法(エクイティ)の輪郭がはじめて少し見えてきました。

辞典や用語集の解説文が読めるのと、腑に落ちるのとは別の問題です。今更ながらしみじみと。
1年くらい後に再読したいと思います。