Archive for the 歴史・地理 Category

日本幽囚記 (下)

Posted in 歴史・地理 | No Comments »

上中巻は記録中心でしたが、下巻は日本という国についてのまとめです。

日本が近隣の国を見下し始めたのは明治以降だろうとなぜか思い込んでいましたが、どうも江戸時代すでにそうであったらしいと初めて知らされました。
キリシタン迫害の事情も、中学の教科書では、具体的にこんな無体がありました(踏み絵とか)という紹介ぐらいで、そういえばそこに至った経緯はこれまで読んだこと無かったなぁと。

日本幽囚記 (中)

Posted in 歴史・地理 | No Comments »

ムール君(上巻で日本側に寝返った士官)を際立たせる構成で、他は背景扱いに見えてくるほどですが、個人的に目が止まるのはそれでも背景の方でした。
逃亡して異国の山中を彷徨う章は、本書を端折ったものが少年向けに出版されたというのも頷ける面白さです。

(p. 107 著者による注釈) ※日本の役人たちは署名するとなると極めて慎重細心である。日本の公文書は必ず日本人のいはゆる高尚な言葉で書くばかりでなく、それも一定の法式を守って書くことになっている。……「ロシヤの官庁ではこんな間違ひは重大視しないのです」と答へたが、日本側では……「日本でもそれあの者共なら」と雑役夫を指して、「手紙の中でそんな間違ひをするかも知れません。しかし書き方の間違った手紙に署名するものは、日本の役人には一人もありません。といふ訳はこんな書類は百年後にも他人に見られ、その文体によって署名者の人柄を判断されるからです」
この双方の意見のうちどちらが正しいか、又日本人は未開人といふ名にふさはしいかどうかも、読者の判断にまかせよう。

移動手段が馬と籠だとか、ガラスでなく金属の鏡を使っているだとか、道具についてはたしかに時代がかっているのですが、このあたりは200年前だと既に見られた傾向なのですね。
中巻も、えらい変化があったりなかったり、興味深い観察記録が溢れます。

それにしても食材として大根の頻度が高い。

日本幽囚記 (上)

Posted in 歴史・地理 | No Comments »

ゴローニン事件どころか『菜の花の沖』の粗筋すら知らないでタイトル借りしました。
まさか北方領土の復習をすることになるとは。
4つの島名を暗誦することが辛うじてまだ出来るだけで、一番大きいのはどれかすらまったく憶えていませんでした。

(p. 170)  食餌は一日三回、朝の出発前と、正午と、夕方夜営地についてからである。食べ物は朝、昼、晩とも大した差はなく、普通の御馳走は、パン代りの米飯、塩の代りが塩漬の大根二片、大根の吸物、(時には何か知ら野草の吸物)又は素麵、それに焼魚か煮魚一片である。たまにはスープに茸が入っていることもあり、固くうでた卵を一つづつ附けたことも二度ほどあった。
しかし定量というものはなく、誰でも好きなだけ食べていた。普通の飲物は、砂糖を入れない下等な茶で、たまには酒を出した。護送兵たちもわれわれと全く同じ物を食っていた。どうやら官費の賄ひらしく、宿泊の都度、年長の護送隊員が主人に全員の飲食費を払っていた。

上巻はじめで著者ら(ロシア人の一団)は早々に捕まってしまい、島の地理についての話は中断してしまうのですが、この頃(19世紀初頭)の日本に疎い身には細かい描写も面白く読めました。
とくに食事内容については、境遇の変化にともなって様子も変わり、そのつどいちいち記述されます。

(p. 182) 日本では人を拘束する時には、(事の正邪がまだ判明しない前でも)、高官の者でも必ず縄をかける、ということを耳にした。

すでに今現在と同じような気配があるなぁと思わせる下りもいくつか。

脱獄準備にあたり方位磁針を自作するやら日本側に寝返る者が出るやら、冒険活劇っぽくなってきたところで中巻へ続きます。

十八世紀パリ生活誌 (下)

Posted in 歴史・地理 | No Comments »

牢獄の寸法や平面図、「生存と食事のための物」の詳細をもっと知りたいところなのですが、形容詞と嘆息にかわされ、同時代の現地人だったならもう少し情景描写を楽しめたかもしれないなぁとも思いつつ、本文より訳注が面白く読めました。

十八世紀パリ生活誌 (上)

Posted in 歴史・地理 | No Comments »

訳者まえがきに「原文には挿図がない」とあることから薄々と危惧はしたのですが、期待とはちょっと違った内容でした。

牛乳売り女の容貌が官能的なのか皺だらけなのかより、水増し牛乳が具体的にどのくらい薄かったのかがむしろ知りたいところなのですが…。

この時期にコーヒー牛乳が大人気を得たこと、当時の貴族身分がずいぶん広範囲にまで広がっていたことと、小間使いと従僕とは別物であることは、ちょっと興味深い話だと思いきや、あまり掘り下げた記述は無く。

しかし結婚事情についてはとても詳細で、新生児の3分の1が捨て子という数字を示す第3部はかなり具体的です。

東京に暮らす

Posted in 歴史・地理 | No Comments »

177p.  日本人が「モダンになろうとする」のが滑稽だとしたら、火消しや人力車の車夫の服を着てホテルのロビーにすわっている外国人も滑稽です。

だいたい終始一貫してこのような調子の、明晰な、1928年から1936年にかけての日本滞在観察(紹介)記と意見。
関東大震災以後から太平洋戦争前夜頃の話だということに、解説にさしかかるまで気づかなかったのは不覚でした。あまりにも陽気なのです(著者が、ではなく、登場する日本人が)。
歴史教科書の行間を楽しみながら補充するには格好の1冊です。
解説の作文技術にはちょっと戸惑いましたが。

ただ、全般にねじくれの少ない文章のなかで、どうにもよくわからないことがふたつ、

Read the rest of this entry »

ある歴史家の生い立ち

Posted in 歴史・地理 | No Comments »

こうした読書の際の感想は、書物の端に書ききれなくなると、筆記帳に書き入れた。…(中略)…その意見の浅薄さ加減については気にかけなかった。今日になって開けてみると、思わずタラタラと冷汗が流れてくる。というのは、その内のほとんど全部がむだ話で…(中略)…しかし…(中略)…またこうも教えられた。私が現在に満足なものと認めているものも、努力してやって行きさえすれば、10年の後に見なおすと、やはり同じように恥ずかしくて冷汗をかくのである。

はたと気づけばこの企画もじきに50冊、この時期にこの文章に行き当たったのは天の配剤ということにして、今後の励みに長い引用をしました、ご容赦ください。

支那通史 下冊

Posted in 歴史・地理 | No Comments »

高官が自殺するときの手法として焼身をしばしば選ぶのがちょっと奇異に思えました。これはしかしひょっとすると、後でムチ打たれることへの用心か。首を吊るよりも河へ身投げするよりも、死体をなるべく残さないようにしたいなら自焚はたしかに妥当な選択。

それはそうと、ライバル側室の手足を切り落として耳鼻そいで喉をつぶし観て楽しむ、のは西太后の専売特許かとおもいきや、はるか古代にもう前例があったとは(すいませんこれは上册にある話です。書き忘れていました)。さらにそれを自分の息子に見せびらかし(旦那はもう死んじゃってるので)たら、息子の気が触れたと。

翻訳にあたって地図がすべて省略されてしまったらしいのが本当に惜しい。唐末における宰相が南宋では何に相当するか一目でわかる職官沿革表もたしかに便利なのでしょうが、
そちらの方面はわりにどうでもよいと感じてしまう身としては…歴史オンチの所以はこのあたりに(官位のことはどうでもよい)有るのかもしれません。

支那通史 中冊

Posted in 歴史・地理 | No Comments »

眠くなってきました。

上册のあたりではまだ、そろそろ退屈してきたかという頃に絶妙のタイミングで当時の刑罰などについての解説が挿入されたり、なるほどこれはたしかに名著・名構成だなぁと思ったのですが、それでも中冊にさしかかって辛くなってきました。

義務教育の日本史すら苦手だった歴史オンチに、その倍以上もの中国史はやはりどうあっても荷が重いか…

内戦・お家騒動・下剋上が延々繰り返されているようにしか見えなくなってくるので苦し紛れに脱線です。毒殺の定番として何度も何度も(はじめは採用回数をかぞえていたものの、頻繁すぎて途中で放棄)出てくる「鴆殺(チンサツ)→鴆毒(チンドク)」とは…?

職官の説明よりむしろこちらの方面にもっと注釈があれば。
自分で調べる余地があるのもまた楽しさのうちではありますが、辞書を引く前にパソコンを起動する前に眠りこけてしまう…寝苦しい夏の夜には良いかもしれません。

支那通史 上册

Posted in 歴史・地理 | No Comments »

中冊・下冊は1997年のリクエスト復刊分を購入し、この上册のみ昭和13年初版のを入手しました。
硫酸紙カバーは破れ、日焼けもシミもかなり濃く、ところが、肝心の中身(本文)はむしろ初版のほうが読み易い。活字の欠けや掠れや滲みがないのです。
外見が丈夫で真新しくなっていれば良いというのものでもないのか…今後の岩波文庫収集にあたってちょっと考えさせられました。