Archive for the 政治/経済/社会 Category

虚学と実学

Posted in 政治/経済/社会 | No Comments »

人が生きていくのには虚学が必要です。虚学というのは具体的に名指すのは難しいのですが、例えばライプニッツとか、書肆風の薔薇とか、そういった類いの羨望であると私は思います。私は、人は虚学のみで生きていくのだと23歳頃までは信じておりました。実学というものがこの世に存在することを知らずにいたのと、あとこれは臆見以外の何ものでもないのですが、90年代という空気がそれを許していたのです。実学というものの存在を知るきっかけとなったのはコンピュータです。私は23歳の頃に生まれてはじめてパーソナルコンピュータとの対面を果たしたのですけれど、なぜコンピュータが私に実学を知らしめたのかについては、まだうまく説明できないので、今日のところは触れません。ただ、虚学だけで生きていくのは困難で、実学をも吸収していかねばならないのだと、23歳の私は強く意識したのでした。

実学とは何か虚学とは何か、抽象的にといいますと、実学とはみんなを幸せにして誰かを不幸にする実であり、虚学とは誰をも不幸にはしないが自分だけが幸せになる虚です。だから私は人類全部が虚学をやればいいと思っておりました。人類が全部、虚々諤々のうちに、虚学をやれば幸せだと思っておりました。でもそんなことは無理なのでした。人類は私が思っているほどには、虚学というもののもたらす多幸感を享受しないのでした。残念だ。だから、実学が必要とされてきた。

実学というのは比較的容易に名指すことができるもので、具体的にいいますとゲーム理論です。ゲーム理論こそが実学であると、今年に入って知りました。今年に入って知ったのですが、忙しくもないのに忙しいふりをしているうちに10月にもなってしまい、慌ててゲーム理論をやさしさでひも解いた読み物を入手したのでした。実学をやらないと生きていかれない。われわれはパンを食べずには生きていかれないし、パンがなければあんパンを食べればいいし、アンパンマンを呼べばいい。噛ればいい。

やっと、本題に入られます。これくらい言い訳しないと入られません。

本書はゲーム理論を最も簡単なことばで説いた一般書です。簡単とはいえ、インセンティブとかコミットメントとかシグナリングとか、もう毎週毎週耳にするから何となくわかったような気にはなっていたけど、じゃあ何?って聞かれると何も答えられないような専門的な概念について、しっかり抑えてくれています。専門的?専門的です。コミットメントなんて、まず、日常生活では使いません。耳にはしますが、口にはしません。少なくとも私は何かにコミットメントしていることを意識しながら生活する環境に馴染んでいません。馴染んでないから、実学の存在をすら知らなかったのですよ。

あらゆる具体例をスルーして私の理解したところをまとめさせていただくと、戦略的環境においては自分だけが合理的なのではなくて相手も当然に合理的なのであり、相手は戦略的に最も有利な方法で攻めてくる、ということを念頭において、相手は戦略的に最も有利な方法で攻めてくる、ということになります。ここで悲しいのは、自分だけが合理的なのではない、ではなくて、自分だけが合理的でない、ということなのですね。そうなんです。相手は世界は戦略は合理的であるにもかかわらず、私は合理的ではないのです。そこがつまり、みんなを幸せにして誰かを不幸にする、その誰かというのは私に他ならないということです。ゲーム理論は実践されない、ということなのです。

いや、厳密に言うと、ゲーム理論は、理論抜きでは実践されない、ということです。そこに救いを見出したいです。たぶん数学とか経済学とか囚人とかをもっと勉強すれば、実践されうるのではないかと思うのです。というのはつまりルールだから。合理的ではない人でも、ルールを適用することはできるはずです。赤信号を渡っては行けない理由を知らなくても赤信号を渡らないのと同じです。道路交通法に書いてあるからです。てなわけで、もう少し読んでみようかなと思いつつ、書店の専門棚を前に頭を抱えるのです、無理だ。何かもう、数式が無理。と拒絶している時点で悲しい実学。

旬のものかと思いきや

Posted in 政治/経済/社会 | No Comments »

時事的な読み物と思っていたので図書館から借りるつもりだったのですが、購入して正解でした。
アメリカの成り立ちについてよく分かっていない私には、基礎的なテキストとして手元に置き続けたい1冊です。

盛り込まれた内容からすれば非常にコンパクトに、明解にまとまり、与太話は殆ど無く、おそろしく割安だと思います。
いかにも賞味期限が短かそうな気配のするタイトルと装幀が惜しい。これはちょっとあんまりです。

イチロー(たぶん)かく語りき

Posted in 政治/経済/社会 | No Comments »

あぁもちろん党首のほうです。以下「世界」論文要約です。なんだかアマゾンユーズドで値がついてますが、先週の金曜日、アバンティブックセンターには普通に積んでありました。100冊くらいありました。

なんでテロ特措法はダメか。なんでOEFじゃなくてISAFなのかというと、OEFが米軍活動であるのに対し、ISAFは国連活動だから。

テロ特措法による海自の活動は米国の自衛権発動を支援するものであり、日本にとってはすなわち集団的自衛権の発動に他ならない。だからダメ。憲法的にダメ。

第一、「安全だから」「安上がりだから」という理由で続けられる「国際貢献」にどれほどの価値があるのか。アメリカ様のご機嫌を取る以上の利があるのか。そろそろそういう不名誉な地位から脱却すべきではないか。

ISAFは国連の活動。つまり国際社会の秩序と平和を守るための活動である。「平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたい」と謳う憲法の理念に合致する。

だからといって、国連の言うことにすべて従うというわけではない。私が言いたいのは、国連決議で認められた平和活動に参加することは、憲法には抵触しないということである。参加するかしないかはその時の政府が決めること。国連が認めない活動には参加しない。国連が認める活動には参加することができる。

日米同盟を蔑ろにするつもりはない。日米同盟と国連中心主義は矛盾しない。相手の言いなりになるのが同盟関係ではない(ジャイアンとスネ夫の関係を同盟と呼べるか)。日本がアメリカの同盟国なのであれば、嫌われ、孤立していくアメリカに忠告すべきなのである。一緒になってみんなから嫌われてどうするの。

というわけでISAF参加しますよ。政権取ったら行きますよ。「普通の国」なら当然でしょ。憲法だって理念的にも9条的にもまったく問題ないしね(どこぞのお馬鹿さんのせいで改正も遠のいたし…)。武器使用? そういうのは世界の常識に従えばいいんだよ。

安倍長期政権樹立のために

Posted in 政治/経済/社会 | No Comments »

これはひどい。

ひと言に尽きてしまいそうになりますが、こらえて感想書きます。日本という「先進国」の、官邸という「政治の中枢」で、これはないわ。愛国者や右翼の人は読まないでください。読むのならフィクションだと思ってください。安倍支持者の方には読んでいただきたい。やっぱり安倍さんのせいじゃないんだ、ってことがわかります。私はハハハハと湿った笑いを漏れ流しながら読みました。本当におもしろいです。フィクションとしてなら。よその国の出来事なら。まぁ苦情はたれるが権利は享受、国家にフリーライドする無責任な日本人なら存分に楽しめるでしょう。えぇえぇ私のことです。

さきほども書きましたが、安倍氏は実はそんなに悪くないです。ただただ思想がなくて判断力がなくて気が小さいだけ。功名心だけは人一倍ありますが、政治家なら誰でもそうでしょう? 問題は彼の周囲にあります。すなわち安倍さんチームの面々です。その惨状たるや筆舌に尽くしがたい。ちょっとこれはありえない。安倍さんあまりにもかわいそう。

安倍氏の至上命題は「長期政権」なのだそうです。とにかく長くやりたい。だから何があっても辞める気はないのだと。

では、そのためにできること。小泉政権をお手本に。

側近。井上秘書官がひどすぎます。この人がここにいる理由が見つかりません。前政権が長期に渡ったのは飯島秘書官のおかげです。真紀子にクビを言い渡したのも飯島秘書官なんです。なりふりかまわず、飯島氏を呼び戻しましょう。小心ゆえに出来ないことは、飯島氏に全部やってもらいましょう。

敵。絞りましょう。なんでもかんでもケンカ売ればいいってもんじゃないです。小泉氏ですら相手にしたのは郵政官僚だけです。総務省内でも郵政だけなんです。霞が関全体を敵に回すのはあまりに無謀です。官僚はうまく使いましょう。ってのはさんざん尻拭いしてもらってるから分かってるか。使い方が下手なだけで。

ルサンチマン。秘書官と仮想敵を上手に選べばもう安心ですが、政治的な思想のない安倍氏が自己実現の欲求だけで長期間首相を続けるのは難しいと思います。ルサンチマンを抱きましょう。マスコミなんかどうでしょう。朝日ムカツクブッツブス、とかね。ナベツネ風情がうぜえんだよ。とかね。訴訟とか世故いことやってないで、首相権限をフル活用して完膚なきまでに叩きのめしましょう。ただ、マスコミにもちゃんと味方がいることだけは覚えていてほしい。産経とか産経とか産経とか。

能力的には安倍氏も小泉氏も大差ありません。違うのは上の三点くらいです。パフォーマンスの気持ち悪さはどっこいどっこいですしね。出れば出るほど不人気になるのであれば、テレビなんて出なきゃいいんですよ。

以下、完全に余談です。官邸崩壊のA級戦犯三人について。

世耕弘成元広報担当補佐官。郵政選挙の成功は結局のところ、元々人気のあった商品が妥当に売れたに過ぎない、ということなのでしょうか。成功体験をつづった自画自賛本を2冊出版しておられるそうですが、3冊目は今回の失敗から学んだことを書かれれば、今後の自民広報戦略に大いに資するでしょう。帯の売り文句は「とても『美しい国』なんていえませんでした(笑)」でひとつ。

塩崎恭久元官房長官。政界再編の暁にはリベラルの旗手としてご活躍願いたいです。あと、期待したいのは小池百合子氏対策ですね。権力に媚びる小池氏の出るとこ出るとこ首突っ込んで、「あなたのカウンターパートは、私だ」で、日本の国益を死守してほしいです。

井上義行元首席秘書官(ん?いまもだっけ?)。安倍晋三ファンクラブ会長としてアイドル安倍ちゃんを影から支えてほしいです。安倍ちゃんがいい人で、思いやりがあって、そしてすごくいい人であることをとにかくアピール。見えないところでアピール。間違っても表に出てきちゃダメ。なんで来賓の席に座ってるんだ。

実際のところ次が麻生氏ってのは、よっぽど枯渇してるってことでしょうね自民党は。二大政党やるんなら民主も含めて政界再編した方がいいんじゃなかろうか。自民の支持基盤なんて小泉氏が手を突っ込むまでもなく、とっくに壊れてるって話ですしね。

アメリカがジャイアンなら

Posted in 政治/経済/社会 | No Comments »

ジャイアンとは、わがままという名のローカルルールを全世界に適用しようとする人のことです。その手段は暴力です。

やりたい放題やられてるなぁというのは漠然と思っていたことなのです。アメリカはジャイアンだ、そう喩える人はたくさんいるようです(→参考)。

しかし、その事実をアメリカが隠そうとはしていない、むしろ日本の方が気づかないふりをしているという有り様には、ただただ驚かされるばかりです。本書の慧眼は「知らなければよかった」というような類いのものではありません。日本人は「知り」、「知らなかったという事実」に屈辱を覚えるべきなのです。公文書に明記されているのだそうですよ。己の不勉強を棚上げして叫びますが、マスコミは何やってんだ。「建築基準法は阪神大震災が契機となって改正された」。信じるも信じないも、疑うべき理由がありませんでしたよ。

アメリカがジャイアンだとすれば、以前の日本はスネ夫でした。建築基準法だけではありません。郵政の民営化も、「国際」会計基準の導入も、司法制度の改革も、ジャイアンとスネ夫の関係においてはっきり読み取れるのです。そうです。思い出されるのはあの名言です。

スネ夫の物はおれの物、おれの物もおれの物。

現首相はさすがに恥ずかしくなったのか、アメリカから距離をとるようなポーズを見せています。そしたらさっそく、アメリカから副大統領がすっ飛んでくるわけです。アメリカがジャイアンだとすれば、いまの日本はのび太でしょう。はい、もう言わなくてもわかりますね。あえて言いますけどね。

のび太のくせになまいきだぞ!

ドラえも〜ん。何か出してよ〜〜。

で、この世界にドラえもんは存在するのかという話になる訳ですが、アメリカ以上のマッチョ登場って事態は可能ならば避けたいですね。かあちゃんどこにいるんだろうなぁ。日本はいっぱい勉強して、出木杉になればいいのだと思う。

静かな愛国

Posted in 政治/経済/社会 | No Comments »

私は愛国者を信用する。でもその人はいわゆる愛国者ではないのかも知れない。というのは三島由紀夫の言葉が参考になる。孫引きになるが引いてみよう。

愛国心の「愛」の字が私はきらひである。自分がのがれやうもなく国の内部にゐて、国の一員であるにもかかはらず、その国といふものを向う側に対象に置いて、わざわざそれを愛するといふのが、わざとらしくてきらひである。

愛国の愛はつまり愛玩の愛である。いつからお前はそんなに大きくなったんだ、と。

また、

この言葉には官製のにほひがする。…どことなく押しつけがましい。

というのは卓見であったといえる。何十年か後の与党の愚策を予言しているわけである。愛国心を教育の対象とせねばならないのは、ニセモノの愛国者(国賊といってもいい)が、その稚拙な「頭」で捏造した愛国心を、振りかざしたくて振りかざしたくて仕方ないからである。そういうのって、教えられて(もっと言えば強制されて)身に付けるものではないでしょう。愛国心を盛りたい人ってのは、日本には魅力がないと思ってるのかな。

ふつうは。自分が生まれて育った国でしょう? 嫌いなはずはないんだよ。それをことさら「愛国!愛国!」って唾飛ばしてる人ってのは、一体何? ふつうの人は、口に出さなくても好きなんだよ日本のこと。なんでいちいち「愛国!愛国!」連呼せねばならんのか。もしかして、ほんとは嫌い?

著者は「愛国」に代わる言葉はないものかと問題提起するが、結局のところ答えは見つからない。「愛」ではなくて「恋」なのではないかとも言われる。でも、「恋国」はちょっと変だしね。

愛国心は国民一人一人が、心の中にもっていればいい。口に出して言ったら嘘になる。また他人を批判する時の道具になるし、凶器になりやすい。だから、胸の中に秘めておくか、どうしても言う必要がある時は、小声でそっと言ったらいい。

という静かな愛国者を私は信用したいと思う。

ナショナリズム入門

Posted in 政治/経済/社会 | No Comments »

何を以てナショナリズムとするのか寡聞にして知らないが、明治以降の日本ほど愛国者にとってすばらしい国はないだろう。

本書前半部は福沢諭吉における脱亜西洋化教育思想が、学歴社会へと実を結ぶ過程について論じられる。日清戦争で得た資金をふんだんに使って教育制度を充実させ、現在の価値に換算すると月給が2千5百万にもなる高級官僚を生み出したのは最大の功績のひとつといえる。

後半では戦後の経済復興、アメリカに重臣として抜擢され大成功を収めるに至るサクセスストーリが描かれる。冷戦下での見事なポジショニングや、アジア各国から要求された戦後補償をスマートにかわす身のこなしなど、胸のすく思いである。

このへんは常識の範囲内なのかな? 私はいい勉強になりました。中学生ぐらい向けでちょうどよかった。

余談部分ではありますがひとつおもしろかったのが、靖国問題。

中国共産党が1972年の日中共同声明で日本に対する賠償請求を取りやめた時、当然のことながら中国の民衆からは不満の声が上がった。これに対して周恩来は「戦争を推し進めたのは日本の軍国主義者であり、その意味では日本の民衆とて被害者である。真の加害者である軍国主義者たちは東京裁判で裁かれた。だから賠償請求することにより、日本の民衆を苦しめるのはよくないことだ。」と述べた。確かにこれは建前かも知れないが(本当はニクソンによる根回しがムニャムニャ)、中国上層部はそう説明することにより、民衆の不満を抑えようとしたわけだ。それが、今になって日本の首相はA級戦犯の祀られている靖国神社へ参拝するという。真の加害者たる軍国主義者たちが祀られている靖国神社である。中国からすれば建前がぶち壊されるわけで、「ちょっと待てお前」となるのは当然だろう。賠償するんなら話は別かも知れないけど。

また、アメリカのある歴史博物館には、第二次大戦の敵国リーダーとして、ヒトラーやムッソリーニとともに、東条英機の写真が展示してあるという。これが正当な扱いかどうかは知らない。が、少なくともアメリカにおける認識はそういうことなのだ。だから、日本の首相が靖国に参拝するということは、ドイツの首相がヒトラーの墓参りにいくのと同じようなもの。まぁ変人変人と持ち上げている人たちからすれば、この種の「気持ち悪さ」も首相の魅力のひとつなのかも知れないが。

大統領「なんかキモいけど言うこと聞くし金持ってるし」

まぁそれはさておき。

現代のナショナリズムに違和感を覚える人が読むと非常に納得できます。愛国ってそういうことじゃないだろう。安易なマッチョ主義で自足できるほど、日本の愛国者はナイーブではないし弱くもないと、信じたい所存です。

成熟社会を生きる

Posted in 政治/経済/社会 | No Comments »

「家造り」のところを読んでいれば、アネハをくらうことはなかったんじゃないかと思うのです。想像で暴言を吐きますが、偽装が巧妙だったからではなく、家というものにたいする無関心があったからではないかと。家がほしいのなら、家に関心があるはずなのです。それがまず初めに「家を持たねばならない」ということがあるから、無関心なのに同時に冷静さを欠くという奇妙な事態に陥ります。結果、見えるはずのものが見えなくなる。

新憲法草案の前文で中曽根氏の書いた案がまったく通らず、氏が激怒した、と。昨年11月の自民党党大会での話です。その案を読んでみたのですが、愛国者の私は倒れそうになりましたよ。こんなもの採用されなくて当然でしょう。「美しい島々」「国を愛する国民の努力によって日本を守る」「和を以て尊しとなす」云々云々。国民をなめているのでしょうか。日本が「美しい島々」なんてことは、あえて憲法に書かれるまでもなく周知の事実です。なぜそんなことをわざわざ盛る必要があるのでしょう。

勘違いしてはならないのは、憲法は国民ではなく、国家を律するためにあるということです。国家というのは日本国そのもののことではなく、権力機構としての国家のことです。そして私は間抜けなことに、中学で公民、高校で倫理政経の授業を受けたにも関わらず、それを知りませんでした。もしそれを知らないままだったら、中曽根氏の前文を賞賛することができたのでしょう。

本書は中高生向けの教科書という体裁で編まれていますが、その目的は「よのなかのルール」を教えることではなく、「よのなかのルール」を知り、その中で生きていくにはどうすればいいかを考えよ、議論せよ、と説くことにあるように思えます。ゆとり教育はそれ自体に誤りがあったのではなく、ゆとりを振る方向が違ってた、ってことかな。ゆとりがダメだったから詰め込み再び、ってのも芸のない話で。すみません。素人は黙ります。

実装

Posted in 政治/経済/社会 | No Comments »

アイスページだけが淡々と更新されていく鯖書房、だんだん何のページだかわからなくなりそうですが皆さまいかがお過ごしでしょう。そのうち鯖アイスなどが供されるのではないかと戦々恐々です。店主の正気を信じます。

さて、ぽつりぽつりとフォーサイト、本日のお題は「実装」です。メイドインジャパン進化論。

「実装」というのはもともと半導体メーカーにおいて部品同士をハンダでつなぐ技術のことを指していたが、製品の小型軽量化、高機能化が進むなかで、部品同士をミクロン単位でつなぐ高密度実装と呼ばれる領域が開拓されてきた。

記事では中国市場に向けて開発された、NECのカード型カメラ付携帯電話「N900」について紹介されている。携帯電話自体がステータスシンボルとなっている中国においては、大量生産モデルは逆に売れない。そのため、コンセプトやデザイン案が先に用意され、それに即した製品を作り込んでいくということになる。N900では、まず初めに「カードサイズ」という大きさがあって、そこに液晶画面、カメラ、通信といった機能をはめ込んでいくことになった。

部品そのものを小さくし、それを綿密に並べて回路を構成する「実装」技術が要求される。携帯電話であるから耐久性も確保せねばならないし、熱やノイズの問題もある。そこで、NECのシステム設計統合技術としての「実装」技術が発揮されたと。

今回この記事を読んで思い浮かべたのは、あるSF漫画における実装のことだ。その漫画では、タイムマシンや物質瞬間移動装置などが登場したが、それ自体はすでに他の作品や古典にも存在しており、たいして珍しいものではない。だが、その漫画が秀逸だったのは、それらを学習机や扉に「実装」したことにある。引き出しに入る(この引き出しに入るという行為自体、何かしらの幼時記憶をほじくり返すものであるが)、扉を抜ける、するとそこは別世界なのである。何と甘美なリアリティであろう。

他にも記憶を助けるパンや塗ることにより重力を発生するペンキや外国語がペラペラ話せるコンニャクなどがあった。翻訳機能をコンニャクにもたせるというセンス、通常では考えられないこれも実装技術のなせる業である。匠である。単なる駄洒落では済まされない迫力をひしひしと感じる。タケコプターもすごいよなぁ。ふつうあれに人間を宙に浮かせる機能を実装しようとは思わないよな。あと、のび太にドラえもんを実装しようという発想。実装すればいいってもんじゃないだろう。

私も将来的には四次元ポケットを実装して、金メダルを獲得したり大統領選挙に出馬したり女子にもてたりしていきたいと思う。まさにメイドインジャパン進化論であるといえよう。鯖の実装されたアイスも夢ではないだろう。いや、むしろ夢であってほしいものだ。