外国の小説

全裸で:ロバート・A. ハインライン『人形つかい』(読書部 » 外国の小説

とにかく、全裸で。

宇宙の果てに愛はあるか:スタニスワフ・レム『ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)』(読書部 » 外国の小説

レムコレ第一弾『ソラリス』。

シナリオライターの憂鬱:マリオ・バルガス=リョサ『フリアとシナリオライター』(読書部 » 外国の小説

出鱈目だ。

イエスと商人と断食者:ジム・クレイス『四十日』(読書部 » 外国の小説

人は、食べないと死ぬ。

(最低二回は)反復し、要約する:アラン・ロブ=グリエ『反復』(読書部 » 外国の小説

原注に面食らう。

律義に空間を論じる:ジョルジュ・ペレック『さまざまな空間』(読書部 » 外国の小説

ランドルフィが分からない作家だとすれば、ペレックは分かる作家だ。

人の恋路の邪魔をする:トンマーゾ・ランドルフィ『月ノ石』(読書部 » 外国の小説

まず分からないのは、ジョヴァンカルロがグルーに恋をするということだ。

これは加賀の金沢か:イタロ・カルヴィーノ『マルコ・ポーロの見えない都市』(読書部 » 外国の小説

都市とは何か。

待ちながら:J.M.クッツェー『夷狄を待ちながら』(読書部 » 外国の小説

『夷狄を待ちながら』読了。

もったいない:ジョルジュ・ペレック『さまざまな空間』(読書部 » 外国の小説

渋谷の旭屋でペレック『さまざまな空間』水声社を発見。