南北欧文学その他

完訳 千一夜物語 (一):マルドリュス『完訳 千一夜物語 (一)』(岩波文庫部 » 赤版 » 南北欧文学その他

多彩な「引き」のパターンを期待して読み始めたのですが、それはごくシンプルに、 物語中途で時間切れ(朝になるだけで、とくにヤマ場で中断するわけではない)か、もしくは 「もしわたくしを生かしてお...

ロボット(R.U.R.):チャペック『ロボット(R.U.R.)』(岩波文庫部 » 赤版 » 南北欧文学その他

描かれるロボットの製造工程が生々しすぎる点についてはさておき。

伝奇集:J.L.ボルヘス『伝奇集』(岩波文庫部 » 赤版 » 南北欧文学その他

当たり前のことではあるが、バベルの図書館は現実存在する。

コルタサル短篇集 悪魔の涎・追い求める男 他八篇:コルタサル『コルタサル短篇集 悪魔の涎・追い求める男 他八篇』(岩波文庫部 » 赤版 » 南北欧文学その他

「続いている公園」は本を読む人なら必ず一度は空想したことがある。