フランス文学

日月両世界旅行記:シラノ・ド・ベルジュラック『日月両世界旅行記』(岩波文庫部 » 赤版 » フランス文学

月はまだわかる。

弧客(ミザントロープ):モリエール『弧客(ミザントロープ)』(岩波文庫部 » 赤版 » フランス文学

きゃあ!月末!たすけて〜モリエ〜ル!って激しく既視感を憶えます。

いやいやながら医者にされ:モリエール『いやいやながら医者にされ』(岩波文庫部 » 赤版 » フランス文学

夏も終りの岩波文庫。

リイルアダン短篇集 (下)『リイルアダン短篇集 (下)』(岩波文庫部 » 赤版 » フランス文学

下巻はより皮肉の利いた感じ。

クレーヴの奥方 他二篇:ラファイエット夫人『クレーヴの奥方 他二篇』(岩波文庫部 » 赤版 » フランス文学

いくら前置きに「野心と恋愛とは宮廷生活の心髄のごときもので、男も女もひとしくそれに憂き身をやつしているのである。

愛の妖精:ジョルジュ・サンド『愛の妖精』(岩波文庫部 » 赤版 » フランス文学

ギルバート側にも視点を置いた「赤毛のアン」とでも言うか、あるいは「長靴下のピッピ」か(すいません「ピッピ」は未読です。

リイルアダン短篇集 (上)『リイルアダン短篇集 (上)』(岩波文庫部 » 赤版 » フランス文学

通底する何かを読み取るのが本来なのでしょうが私には難しいので、放棄します。

海の沈黙・星への歩み:ヴェルコール『海の沈黙・星への歩み』(岩波文庫部 » 赤版 » フランス文学

テオ・アンゲロプロス監督で映画化されないものでしょうか。

心変わり:ミシェル・ビュトール『心変わり』(岩波文庫部 » 赤版 » フランス文学

心変わりのタイトルが書店に積まれているのを見てクラクラしました。

にんじん:ルナアル『にんじん』(岩波文庫部 » 赤版 » フランス文学

誰もが否定したいかも知れないが、誰だっていくばくかはにんじんなのである。