ドイツ文学

アルト=ハイデルベルク:マイヤー=フェルスター『アルト=ハイデルベルク』(岩波文庫部 » 赤版 » ドイツ文学

昭和天皇の決め台詞(?)を想起させる訳文(p.61)は何かよほどの意図あってのことか、とおもわず邦訳年を再確認したりしてしまいましたが、解説を読んでもやはり、含みがあるのか無いのかは判然としま...

大理石像・デュランデ城悲歌:アイヒェンドルフ『大理石像・デュランデ城悲歌』(岩波文庫部 » 赤版 » ドイツ文学

ひょっとすると、「原作」として別の媒体にのせれば、べらぼうに面白くなるやもしれません。

ジョゼフ・フーシェ:シュテファン・ツワイク『ジョゼフ・フーシェ』(岩波文庫部 » 赤版 » ドイツ文学

p.35  彼は理想に殉ずるものではなく、時代と歩調を合わせるのであって、時代の変転が早ければ早いほど、それだけスピードを出して時代を追いかけるのである。

暴力批判論 他十篇:ヴァルター・ベンヤミン『暴力批判論 他十篇』(岩波文庫部 » 赤版 » ドイツ文学

暴力における目的と手段との問題。

トニオ・クレエゲル:トオマス・マン『トニオ・クレエゲル』(岩波文庫部 » 赤版 » ドイツ文学

14歳(これは12歳でも16歳でもいいのだが、便宜上14歳とする)の世界には二つの種類の人間があった。

カフカ寓話集:カフカ『カフカ寓話集』(岩波文庫部 » 赤版 » ドイツ文学

「巣穴」が入ってるってだけで買いです。