読書部

鯖書房 » 読書部 » 

本を読み感想を書きます。岩波文庫の感想は岩波文庫部で書きます。

リア充のリア充による:辻村深月『冷たい校舎の時は止まる(上)(下)』(読書部 » ミステリ

非リア充のための青春ミステリ。

旬のものかと思いきや:小林由美『超・格差社会アメリカの真実』(読書部 » 政治/経済/社会

時事的な読み物と思っていたので図書館から借りるつもりだったのですが、購入して正解でした。

イチロー(たぶん)かく語りき:小沢一郎『今こそ国際安全保障の原則確立を』(読書部 » 政治/経済/社会

あぁもちろん党首のほうです。

安倍長期政権樹立のために:上杉隆『官邸崩壊 安倍政権迷走の一年』(読書部 » 政治/経済/社会

これはひどい。

一家に一冊:図解による法律用語辞典『自由国民社』(読書部 » 実用

諸々の事情により法令文とのつきあいが始まりました。

イニシエーションとしてのラブ・ストーリー:乾 くるみ『イニシエーション・ラブ』(読書部 » ミステリ

これはこわい。

アメリカがジャイアンなら:関岡 英之『拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる』(読書部 » 政治/経済/社会

ジャイアンとは、わがままという名のローカルルールを全世界に適用しようとする人のことです。

うれしがり:ジョルジュ・ペレック『美術愛好家の陳列室』(読書部 » 外国の小説

何が好きってペレックの、こんな種類のうれしがりだ。

人間が描けてない:竹本 健治『ウロボロスの純正音律』(読書部 » ミステリ

正直なところ前二作(偽書、基礎論)は憶えてない。

人はどう変わるかわからない:Julian Barnes『Arthur and George』(読書部 » 外国の小説

賭博や宗教や運動(スポーツではなく)に走ったら2秒で見捨てる、と連れあいに明言している身としては、本書いちばんの山場は、50歳にさしかかったアーサーが、おのれのオカルトへの傾斜を後妻候補に滔々...