オウエン自叙伝岩波文庫部 » 白版 » 経済・社会 up
新社会観岩波文庫部 » 白版 » 経済・社会 up
デモクラシーの本質と価値岩波文庫部 » 白版 » 法律・政治 up

鯖書房とは

鯖書房は読書部と岩波文庫部と日々の鯖から成ります。店主Tと店員Kが属しています。

読書部では本を読み感想を書きます。ごく稀に更新されることがあります。

岩波文庫部は俗にいう苦行です。21世紀中に完了すればいいと思います。

日々の鯖は基本的におやつ部です。変化にとぼしい日々を淡々と垂れます。

苦し紛れにTwitterをはじめました。アカウントはsababooksです。メイン部の更新がますます滞りそうな気がしますが、気のせいだと信じたいです。

読書部

遠すぎるリアリズム:ガブリエル・ガルシア=マルケス『百年の孤独』(読書部 » 外国の小説

ある日の午後、操縦係のジプシーとうれしそうに手を振る数人の村の子供たちを乗せて、空飛ぶ魔法の絨毯が工房の窓をかすめた。

まだ、すこし時間がある:アントニオ・タブッキ『イタリア広場』(読書部 » 外国の小説

まずはアントニオ・タブッキの「新作」が出版されたことに万歳。

「ダメ王子」と「シンデレラ」:小泉喜美子『弁護側の証人』(読書部 » ミステリ

「各氏絶賛」ということで帯買い、帯読みです。

岩波文庫部

ロバート・オウエン『オウエン自叙伝』岩波文庫部 » 白版 » 経済・社会

工場に付属して作られた学校への、参観者らの感嘆と、著者の確信に満ちた意気込みの部分だけは、なんとなくちょっと怖いなぁと思いつつ読み進んだのですが、 (さらに…)...

ロバート・オウエン『新社会観』岩波文庫部 » 白版 » 経済・社会

工場での労働にまず動員されたのは、どういった境遇の人たちだったか、実はよく把握していなかったことを知らされました。

ハンス・ケルゼン『デモクラシーの本質と価値』岩波文庫部 » 白版 » 法律・政治

とくに第8章、日本はいったいデモクラシーとアウトクラシーとのどちらに寄っているのか、読めば読むほどよくわからなくなってきました。

日々の鯖

りんごチップス日々の鯖 » おやつ

【��*。りんごチップス:さやッくまさん】 薄さゆえか、またたくまに冷めてクニャクニャになってしまいましたが、味の凝縮され具合がなんとも良い感じです。

苺ジャムクッキー(再)日々の鯖 » おやつ

【卵なし☆苺ジャムクッキー:みにまめさん】 初回は目分量でジャムを入れて苺の気配皆無になってしまいましたが、 今回はきっちりとレシピ通りに量って再挑戦です。

白あん白玉日々の鯖 » おやつ

【白玉あんこ:mojinuさん】 白あん仕様のため地味過ぎる色合わせですが、食品ストックの都合上。

過去の投稿から

リヴァイアサン(四)岩波文庫部 » 白版 » 法律・政治

Amazonの商品ページではなぜか「新書」と表記されていますが、配送されてきたのは文庫版でした。

ちょっとケンカ腰な終盤もさることながら、脱線の余地があるところが4分冊中ではいちばん楽しく読めます。

附録第二章「異端について」
ローマ皇帝が異端者にたいして制定した処罰:
焚書(異端の著者自身ではなく、有罪とされた著書を火に投じなかったものには、死刑)

最初はぎょっとしたものの、しかし考えてみると日本で昔あったキリシタン弾圧の「踏み絵」も似たような話か。

それはそもかく、盆休みのためなのか小松菜ほうれん草がやけに高い(普段の倍値)のでたまには気分を変えて、と白和えにモロヘイヤ(唯一平常値の葉野菜)を使ってみることに。
モロヘイヤといえばエジプト野菜。たしかむこうではスープにするはず。
本書27頁にはエジプト人が崇拝する韮と玉葱とあり、そういえばエジプト料理ってどんなかんじなのか。

ひとまずエジプト大使館HPによると、モロヘイヤスープは紹介されているものの韮の気配はとくになさそうな。玉葱はそれなりに使われるようですが。
拝む対象を常食はしないということでしょうか。

この「エジプト焼き」はニラ入りのようですが、しかし、うどん…
麺類ってどうなのでしょう、エジプトでは。

何らかの投稿

  1. ミステリーなのかミステリィなのかはっきりしろと(2005.9.16)ミステリ/1457
  2. 虚学と実学(2008.10.12)政治/経済/社会/1061
  3. 探偵再登場(2004.9.13)ミステリ/908
  4. 小僧の神様 他十篇(2005.9.1)日本文学(近・現代)/897
  5. 海月VS赤柳(2006.5.16)ミステリ/862

非業務連絡 on Twitter

155 084 164641